June 10, 2010

「ザ・ライブセッション」 パネリスト紹介 西村 学さん

NIC第10期生
西村 学さん

ネバダ州立大学ラスベガス校 ホテル経営学部 卒業
栃木県・佐野日本大学高校出身
アウトバックステーキハウスジャパン

<どのような生活を送っていますか?>
目標に向かって邁進する日々。考えて行動することで「意識しない時間」がなくなり、充実しています。仕事にも家庭にも100%全力で!

<高校時代の夢は>
漠然としていましたが国際舞台で活躍できる人間になりたいと考えていました。

<NIC時代の夢は>
早く海外に飛び立ちたい気持ちでいっぱいでした。

<どんな高校生でしたか?>
英語以外は全くでした。時間に流されて何となく過ごす日々でした。

<留学しようとしたきっかけは?>
中学生時代に出会ったAETの先生との文通がきっかけです。

<NICを選んだ理由は何ですか?>
海外留学とうい夢を実現できると一番強く感じさせてくれたからです。

<NICの思い出>
成績は中の下くらいだったと思います。なかなか成績は伸びず、意識が先行して実力が伴わない状態であったと思います。でも大きな志はありました。

<NICで変わった事は何ですか?>
自分で考え、自分で行動し、自分で責任をとるということです。

<留学時代の苦労した事、挫折した事など教えて下さい>
今思い返せば、学生時代の苦労は全て楽しい思い出ですが、HOTEL LAW(ホテル法律学)のクラスは勉強がハードで本当に泣かされました。「石にかじりついてでもパスしてやる」と意気込んでも毎日膨大な量の宿題に気が遠くなりました。徹夜して全て読み終えても果たしてクラスでディスカッションできるかどうか?不安でした。しかし、アメリカの社会はがんばっている者に対しては必ず誰かが見ていてくれて手を差し伸べてくれる社会でして、担当の教授に励まされたことを今でも思い出します。

<留学中、アルバイトやインターンシップをしていましたか?>
はい。ツアーコンダクターやホテルでのインターンシップをしていました。

<留学中、クラブ活動・課外活動などしていましたか?>いろいろなイベントが各大学であります。そうしたものには積極的に参加していました。

<親御さんや高校教師から留学を反対されましたか?どんな風に説得しましたか?>
特に父親には反対されました。
理由としては大卒の資格が日本では認められないのではないかということでした。何度も説得して得られた結論は「これからの時代はどの大学を出たかではなく何ができるか」ということでした。高い専門知識と経験ができるアメリカの大学が今後の国際舞台で活躍できる力を育んでくれると分かってもらえたのです。

<高校生へのメッセージ>
これからの時代求められてくる人間性とは、常にポジティブな考えを持つことと、明るく逆境に負けないオプテミィストであるということ。他の人間が君の元に集まりたくなるような、こうした人間性と国際感覚を身につけることは留学することが一番の近道であると断言します。自分自身の強みを前面に出して社会で活躍できる「自分の売り」を持つことが大切です。



Posted by ktukjp at 11:22