June 10, 2010

「ザ・ライブセッション」 パネリスト紹介 鉢嶺 沙幸さん

NIC第15期生
鉢嶺 沙幸さん

ネバダ州立大学リノ校 国際関係学部卒業 
沖縄県立球陽高等学校出身
NIC Interntaional College in Japan勤務

<どのような生活を送っていますか?>
日々大きく成長するNIC生と毎日接することの出来る環境で働けることに感謝しています。

<高校時代の夢は>
国連もしくはJICAで働くこと。

<NIC時代の夢は>
沖縄と世界の架け橋になること。

<どんな高校生でしたか?>
成績は良かったですが、自分に自身が持てず、とにかく目立つことが大嫌いな高校生でした。英語の弁論大会も出たいと思っているのに、もう一歩が踏み出せなくて断念しました。。

<留学しようとしたきっかけは?>
小さい頃から「いつかは留学しよう」と考えていましたが、国内大学に入学してから短期留学するという選択肢しか頭にありませんでした。ところが高校3年生の夏休みにNICを見つけ、短期・交換留学などと中途半端なことしないで、正規留学しようと決意しました。

<NICを選んだ理由は何ですか?>
他と比べて厳しそうだったから&先輩たちが輝いていたから。

<NICの思い出>
NICは大切な仲間と夢に出会えた場所です。また「死ぬほど勉強した」という経験は私にとって大きな財産です。

<NICで変わった事は何ですか?>
自分で限界をつくらなくなった。

<留学時代の苦労した事、挫折した事など教えて下さい>
NICの勉強が一番きつかったので、留学時代は大変なことがあっても「NICよりはマシ」と自分に言い聞かせて乗り越えられました。

<奨学金はもらった事がありますか? 種類と金額を教えて下さい>
Grant-in-Aidという留学生対象の奨学金(40万円程度)をほぼ毎学期いただいていました。
他に、学部からの奨学金(10万円程度)を何度かいただいたり、Golden Keyという全米オナーズ・ソサエティに選出されたりしました。

<留学中、アルバイトはしていましたか?>
アルバイトではありませんが、RA(Resident Assistant)という寮のアシスタントを務めました。RAになると、寮費と食費が全額免除されます。それと並行して、学食でアルバイトをしていました。

<留学中、クラブ活動・課外活動などしていましたか?>
International Clubという各国からの留学生が集まるクラブに所属し、毎月さまざまなイベントを企画・運営をしていました。

<親御さんや高校教師から留学を反対されましたか?どんな風に説得しましたか?>
NICに合格後も、進路の先生が「国立大学に行け」としつこかったので、国立大学を受験し合格書類を先生に提出したら、何も言わなくなりました。「私のためじゃなく、高校の進学実績を上げるために国立に行けと言っていたんだ」と気づきました。

<高校生へのメッセージ>
可能性は無限、人生は一度きり。国際化社会において外に出ないなんてもったいない!世界は想像以上に広いですよ。

Posted by ktukjp at 11:51