August 22, 2010

NICでは、基礎クラスから学び始めた21期生。英国スコットランドにあるウィリアム王子も卒業した名門、セント・アンドリュース大学に進学。

CATS Canterburyでファンデーションコースを学んでいたNIC第21期生・増島潮さん(東京都・八王子高校出身)が、2010年9月よりイギリスのウィリアム王子が卒業したスコットランドにある名門、セント・アンドリュース大学のManagement with Art Historyに進学します。

<増島さんからのメッセージ (2010.8.20)>

NIC21期生、増島 潮と申します。
この6月にイギリスのCATS Canterburyを卒業し、この秋からスコットランドで大学生になります。 去年の7月に渡英してもうそこから約1年が経ったなんて、 時間が経つのは本当に早いなと思います。

NICを一番下のHBから初めて、英語で話すのも読むのも書くのも全てままならない状態からスタートして、 第一志望の大学に入れたことを本当に嬉しく思います。

この一年間、先生と友達には本当にお世話になりました。
CATSの先生は優しい先生ばかりで、いつでも助けてもらってました。いつも丁寧に説明して下さり、深く理解できたように思います。
あとイギリス組のNICの友達にはすごく支えてもらってました。NICにいるころは殆ど面識もなかったのに、みんな気さくな人ばかりだったのでとても仲良くなれました。
なんというか家族みたいな雰囲気で。なにかあったら助けてくれる、なにもなくても元気をくれる。そんな人達の中で楽しく勉強出来て本当に私は幸せだと思いました。
落ち込んだ時に悩みを聞いてもらったり、将来について真剣に語り合えたり、夜遅くまで一緒に図書館で勉強してくれる仲間がいたり、そういう大事な友達がいなかったら、私はここまでこれなかったと思います。

自分自身の勉強はまだ始まったばかりですが、これからまた自分のペースで色々なことを吸収していけたらなと思っています。

増島 潮
NIC_St.Andrews2NIC_St.Andrews

Posted by ktukjp at 17:49