April 12, 2011

<NICでの1年間を終えて> 「私の夢のひとつは、世界中で活躍するNICの友人の笑顔を撮ることです」

130e0033.jpgNIC第23期生 高橋 美由紀さん
秋田県立能代北高等学校出身


カリフォルニア州立ディアブロバレー・カレッジへ進学



「NICでの一年間を振り返って」

「ハードbut楽しい」の意味を入学早々思い知らされた。
寝る間もなく宿題をし、気づけば日々がどんどん過ぎていく。一年間を通して、体力的にも精神的にも追い込まれることが多かった。
ただ、そんな時間を過ごしていく中で楽しさを忘れることはなかったのも事実。それは友人達のおかげであると今振り返ると思うのです。朝から夜遅くまで学校に残って友達と勉強するだけあって、友達といる時間がとても多かった。結局、宿題を終えた後も同じ時間を共有し、語り合う。人生について、日本について、世界について。
一年間と言う短い時間だけれど、多種多様な人生観を感じて刺激を受けた。

NICの友人達は夢を持っていたり、夢を探そうと模索していたりと前向きに生きているのが印象的でした。
私の場合、具体的な目標はまだありませんが、23期生のMy Missionの写真を担当したことで将来への見方が変わりました。写真を撮るのは趣味程度でいいと考えていた私ですが、My Missionの写真を担当したことで、写真に対する思いが変わったのです。
「みゆきの撮る写真がすき」「将来専属カメラマンにしてあげる」友人、ジャパスタ、先生達の反応が純粋に嬉しかったのです。本当に誰かの専属カメラマンになっているかもしれませんね(笑)。
私の夢の一つ、それは世界中で活躍するNICの友人の笑顔を撮ることです。

一年間ありがとうございました。

高橋美由紀


Posted by ktukjp at 12:53