April 21, 2011

<NICでの1年間を終えて> 「NICを選んだことは、この私の人生の中でとても価値のあることだったと確信しています。」

Mami 1NIC第23期生 藤井まみさん
愛知工業大学名電高等学校出身


ネバダ州立トラッキーメドウズ・カレッジへ進学


「NIC一年を終えて」

いっぱい、いっぱいありがとうと伝えたいです。欠席しすぎで、高校卒業も危ぶまれた私がNICを無事、人生初の皆勤で、卒業できました。

NIC生活は本当に楽しくて充実していましたが、もちろん、ハードでした。うまくいかなくて、悔しくて泣いたこともありました。寝ていないのに、宿題が終わらない日もありました。そんなとき、いつも友人が支えてくれました。私が住んでいた寮は、NIC生が15、6人いましたが、みんな夜中の2、3時まで普通に食堂で勉強していました。楽をしてる人なんて誰もいない。みんな頑張ってる。だから、私も負けずにここまで来ることができました。

夜に寮や近くの公園で本気ではしゃいだり、夜9時まで、または朝6時半から学校で勉強したり、この1年は全力でした。楽しかったし、とても充実していました。

最後に、私をNICに行かせてくれた両親、いつも気にかけてくださったジャパスタの方々、いつもそばで楽しませてくれたり支えてくれた友人に心から感謝します。

NICを選んだことは、この私の人生の中でとても価値のあることだったと確信しています。本当に1年間、ありがとうございました。

Mami 3
Mami 2

Posted by ktukjp at 15:48