April 21, 2011

<NICでの1年間を終えて> 「“頑張っていれば道は開ける”」

NIC第23期生 松本千明さん
千葉市立稲毛高等学校出身


英国・CSVPAへ進学



「私の努力を認めてください。」
私は奨学金応募用紙にこう書きました。間接的に“奨学金くれ”と言っているようなものですね。露骨だったかな、と思いましたが、それだけ私にはNICを修了したという達成感と自信があったのでしょう。
だって天才肌の親友も、心配性な友人たちも家族もみんな「おまえはよくやってるよ。だって顔色が悪いもん。」と言って私の頑張りを認めてくれたのですから。
ですが、私のNIC生活の成功の一番の要因は自身の努力ではなく、友人たちの助けだったのだと思う今日この頃。なぜなら活動報告書に書いた4つのうち2つ、NICのチューターもLakelandでのSociologyのチューターも、友人たちのアドバイスがあってこそ。
片方は仲良しのTracy(友人、というか彼女は先生だ)が私に“後でこの経験を活かす時が来るはず”と機会をくれたから。もう一方は友人たちがエステルに私を推薦してくれたから。ありがたい。
自分から動くのが苦手な私はこうして周りの人たちに助けられてきたわけです。でももし私が頑張ってなければ彼らもそんなアドバイスはくれなかったでしょう。
つまり、“頑張っていれば道は開ける”ということです。

Posted by ktukjp at 16:04