April 21, 2011

<NICでの1年間を終えて> 「今なら自分の口で言える、この一年間は今までの人生で最も実りある一年だったと。」

NIC第23期生 宮沢隆希さん
埼玉県・開智高等学校出身
東京理科大学中退


ネバダ州立大学リノ校へ進学


NICでの一年間はつねに自分発見の連続だった。

膨大な課題、生活費を稼ぐためのアルバイト、友人関係、あらゆることを両立していかなければならないめまぐるしい日々の中でとことん自分の弱さをつきつけられた。でも、そんな自分と逃げずに向き合えたとき必ずそんな生活をこなしている自分に気がつく。だからこそ今は人間やろうと思えば何でもできると思うし、やろうとしないからできないだけだと思える。

また、周りの個性的な仲間がそれぞれ何かに一生懸命になって取り組んでいる姿に尊敬とともに劣等感を感じたりもした。自分はみんなのようにがんばれているのか、自分のよさは何だとたくさんのクエスチョンで頭を悩ませた。でも、そんな刺激の中で考え、行動していくうちに確実になりたい自分に近づいてく自分がいたし、自分にも人とは違う良さがあると発見させられた。

入学前、卒業生のほんとかよと思うようなたくさんのNICでの輝かしい体験談に疑問を感じたけど、今なら自分の口で言える、この一年間は今までの人生で最も実りある一年だったと。

Posted by ktukjp at 16:15