April 21, 2011

<NICでの1年間を終えて>「この一年間で本気でやればできるという事を肌で実感しました。」

NIC第23期生 鈴木彩里さん
ルネサンス高等学校出身


カリフォルニア州立ディアブロバレー・カレッジへ進学


私は心理学の進んでいるアメリカで勉学に励みたいと思うなか、登校拒否や通信制教育で学力に自信がなかった自分にチャンスをくれる場所だと思い、NICに入学することを決意しました。

はじめは、生まれて初めての勉強量や、全国から来る個性豊かな生徒と共に過ごす中、驚きの連続でした。

しかし二学期に入って、クラスのみんなと一気に溶け込むことができ、次第に仲間と家族のような仲になれました。気づけば本音で語れる仲間がどんどん増えて、熱い友情が生まれました。二学期は自分の成長に大きな変化がでた時期でもありました。勉強だけすればいいのだと思っていた私は、勉強とやりたいことを両立しているみんなの姿に大きく影響を受け、それ以来忙しさを理由にやりたいことをあきらめることはなくなりました。

三学期は単位の取れるアカデミックのクラスに入る事ができたものの、勉学を高校まで怠ってきた私は苦労の連続でした。しかし、NICの仲間が自分の勉強を後回しにしてでも、私のわからないところを必死に教えてくれて感動しました。

今振り返れば、NICは一言で言って家族のような存在です。

この一年間で本気でやればできるという事を肌で実感しました。アメリカに行ってもNICで培ってきたこの経験を生かし、もっと成長していきたいと思います。

Posted by ktukjp at 17:07