April 28, 2011

NIC第13期生 70歳でサウス・ベーロ大学 東洋医学大学院 修士課程を卒業!

NIC第13期生 小林紀代子さん サウス・ベーロ大学 東洋医学大学院 修士課程の卒業が決まったという報告のメールが届きました。

小林さんは、1940年生まれで今年70歳になられた元都立高校教師です。


* * * * * * * * * * * * * * * *


NICの皆様

アナハイムの小林です。
いつもホットな近況メールと共に、全世界で活躍しているNICにつながる友人たちの情報をお送り下さり、とても励まされております。有難う御座います。

さて、NICを卒業し、サンタモニカカレッジ、そしてサウスベーロ大学と、早10年を経過しましたが、昨25日、無事に修士課程の卒業試験に合格し、来月の21日に卒業式を迎える運びとなりました。

6年間のマスターコースでの期間は、若者たちの2倍の学習期間でしたが、充実し、実り在る日々だったと確信を持ってお伝えする事が出来ます。
常に、ゼロからのスタートでしたが、多くの教授、スタッフ、友人たち、また、患者さんたちから、沢山の力と勇気を頂いた事を、心の底から、感謝致しております。

しかし、元はと言えば、NICの、あの凝縮された1年間があったからこそ、ここまで前進できたのだと肝に銘じております。本当に、私のルーツであり、故郷である場所だと、感無量の心境になります。なんと感謝申し上げたらよいか、わかりません。。。

現在、日本の3重の大災害の中にあっても、NICのスタッフの皆様は、休まずにお仕事をされている姿に頭が下がります。
私も、それに倣って、7月から進学する博士課程で、コツコツと研究を積み上げていくつもりでおります。(許されるなら、研究者としての道を歩みたいと願いおります。)

では、廣田先生をはじめ、全てのスタッフの皆様に、くれぐれも宜しくお伝え下さい
ます様に。。。


小林 紀代子



Posted by ktukjp at 12:36