February 18, 2011

NIC在学時にピアノを一から学んだNIC第17期生から、ご自身も演奏されるコンサートのご案内

NIC第17期生中村孝治さん(ボストン音楽院The Boston Conservatory、ピアノ科4年生)より、プロデューサーとして、演奏者として携わっている日本ツアーが開催されます。

中村さんは、NIC在学時にピアノに目覚め、ほぼゼロからスタートして、
音楽大学へと進学し、ボストン音楽院ピアノコンクール入賞、現代曲部門で優勝した経験のある優秀な音楽家です。

子供の頃から音楽の勉強はしていなかったから、
音楽大学なんて無理だと諦めている皆さん。
中村さんの演奏を是非ご覧になって下さい。


コンサートはクラシック音楽ですが、
いわゆるクラシックコンサートとは線引きをしたもので、
トークや即興演奏を交えたり、
演目のコンセプトはWorld Music、ということで南米のタンゴから始まり、
スペインの情熱的な音楽、日本人の書いたクラシック曲、
ロシアの独特な音楽などなど
クラシックを知らないお客さんも飽きさせないプログラムを用意されているとの事。

【日程】
 2011年6月11日(土) 14:30開演
    長崎とぎつカナリーホール
 2011年6月14日(火) 19:00開演
    熊本市国際交流会館
 2011年6月16日(木) 19:00開演
    福岡市中央市民センター

お近くの方、是非、お立ち寄り下さい。

Koji_nKoji_n2  

Posted by ktukjp at 15:10

January 24, 2011

NIC第13期生が企画・制作・プロデュースした映画、【DOCUMENTARY of AKB48 to be continued 10年後、少女たちは今の自分に何を思うのだろう?】

AKB48
NIC第13期生 高橋信一さんが企画・制作・プロデュースした映画、
【DOCUMENTARY of AKB48 to be continued 10年後、少女たちは今の自分に何を思うのだろう?】が2011年1月22日、全国東映系映画館にて上映開始されました。

高橋さんは
カリフォルニア州立サンタモニカ・カレッジを卒業後、
岩井俊二監督のロックウェルアイズの主要メンバーとして活躍中。

AKB48の体育会系の頑張りを世の中に知らしめる必要があるのではという想いが
この映画の根底にあるそうです。

体育会系のアイドルがAKB48なら、
体育会系の学びをしているのは、NIC生!?

AKB48  
Posted by ktukjp at 12:09

September 14, 2010

NIC第17期生より − 国際的フェスティバル「Festival Tokyo'10」ボランティア募集

NIC第17期生、キッズ英会話スポーツ教室‘e-kids’に勤務する照沼 静香さん(カリフォルニア州立サンタモニカ・カレッジ卒業、茨城県立水戸第一高校出身)より、ご自身も参加されている国際的フェスティバル「Festival Tokyo'10」でのボランティア募集のお知らせです。

* 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 *

こんにちは。
17期生の照沼 静香です。

私は Santa Monica College で Kinesiology Physical Educatin と Liberal Arts を専攻し、卒業後はなわとび・ダブルダッチのインストラクターとしてOPT後、帰国し、現在は‘e-kids’という、キッズ英会話スポーツ教室で仕事をしています。

また、それと平行して、Festival Tokyo'10 という舞台芸術のフェスティバルのクルーとしても活動しています。
10、11月中心に行われるこの国際的なフェスティバルのお手伝いをして下さる、ボランティアスタッフを募集しています!

現在、募集しているのは、

1)劇場スタッフ
2)F/Tステーションスタッフ
3)舞台技術サポートスタッフ

詳細はこちらです。

また、Festival Tokyo のステーションとなるカフェ『カフェ・ロッテンマイヤー』をお手伝いして下さる方も募集しています。

詳細はこちらです。


ご応募の際に、「NICのニュースで知った」と書き添えていただけると助かります。
よろしくお願いします!

  
Posted by ktukjp at 16:14

September 07, 2010

NIC第18期生より 卒業・大学院進学・公演のお知らせ

NIC第18期生、University of Huddersfield(BA Drama Studies with Music)を卒業した、近藤ゆきさん(愛知県立松蔭高校出身)より、ご自身がイギリスで参加される公演、The Shattering Manのお知らせメールが届きました。

* 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 *

こんにちは。18期の近藤ゆきです。

先日イギリスのUniversity of Huddersfield でBA Drama Studies with Musicを卒業しました。同じ大学でMasteresに進むことになりそうです。
この夏立ち上げられたDuendeというEnsemble Physical Theatre Companyのメンバーとして初公演に参加することになったのでお知らせします。イギリスにいる方や、興味のありそうな卒業生の方に伝えていただけるとうれしいです。

シェイクスピアのマクベスを、門番の目線から語る舞台です。フィジカルシアターですので飛んだり跳ねたり担いだり運ばれたり転がったりを本気でやっています。

The Shattering Man
Written and Directed by John Britton

"The Shattering Man" is the result of two monthes intensive work by an international ensemble of nine performrs. The performance is a raw, physical, vocal, musical and visual re-imagining of one of England's greatest plays.

September 14th, 15th 8pm
16th 2pm
17th, 18th 8pm
21th-25th 8pm

Ticket available from:
The Lawrence Batley Theatre Box Office
+44 (0) 1484 430528
www.thelbt.org

Studio2
The Milton Building
University of Huddersfield
Page Street,
Huddersfield
West Yorkshire

Further Information:
www.ensemblephysicaltheatre.com

Duende, and John Britton can be found on facebook
for more information, please contact
johnbritton@ensemblephysicaltheatre.com

  
Posted by ktukjp at 14:33

June 22, 2010

NIC就職活動サポートセッション - 2010年夏

就職活動中の皆様へ
「NIC就職活動サポートセッション」のお知らせ。

日程: 6月24日(木)、29日(火)
時間: 両日ともPM3:00〜4:00

ガイダンスおよび個別相談を行いますので、お気軽にご参加下さい。
お申込は、参加日、○期、お名前を書き添えて
kyouhokai@nicuc.ac.jpにお送り下さい。

尚、上記時間以外で個別相談をご希望の方は
就職課、目黒 meguro@nicuc.ac.jp までご連絡下さい。

〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜

<就職課 目黒からのメッセージ>

このところ、例年以上に就職活動についての質問が寄せられています。

企業はここにきて、グローバル採用の一層の強化に乗り出しています。
リクナビにもリクナビ外国人留学生というページが出来ており、パナソニック、日立製作所
なども海外事業所で外国人の積極採用を行っています。


これだけ積極的に外国人採用を行うということは、国内勤務者にも同等以上の能力が
求められ、採用基準が引上られるということです。

事実、リクナビでは、今年も全掲載企業中の13%超にあたる、
1000社以上の企業が海外留学生を積極採用しており、その比率は年々上昇しています。

また、ディスコ主催の「東京サマーキャリアフォーラム」は
6/30(水).7/1(木)に開催され百数十社が参加します。
ですから、NIC同窓生の皆さんにとっては厳しい中にも追い風の状況といえます。

NICでは例年通り、履歴書や面接のポイントをアドバイスする
「就職活動サポートセッション」を行います。

セッション後、
ご希望の方はエントリーシートや履歴書の個別アドバイスも行いますので
ご希望の場合は、事前にメールで送付いただくか、当日ご持参下さい。

目黒 禎一

〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜
  
Posted by ktukjp at 12:09

May 07, 2010

「トリニティ・アイリッシュ・ダンス」のNIC割引のお知らせ

12期生 小野寺(現:森田)真弓 さん(UNR在学中「和風」「J-SAN」で活動)から
「トリニティ・アイリッシュ・ダンス」のNIC割引のお知らせ

* * * * * * * * * * * * * *

「トリニティ・アイリッシュ・ダンス」

1987年に世界アイリッシュ・ダンス・コンクールで優勝して以来、現在までに実に18回もの世界タイトルを獲得!
「トリニティ・アイリッシュ・ダンス」はまさにアイリッシュ・ダンス界最高のグループで、
今回の待望の来日は実に4年ぶりとなります。

アイルランドで400年続いた英国支配のもと、窓の外から監視する兵隊に見えないように、
上半身を動かさず足を踏み鳴らすことだけで伝えられてきたアイリッシュ・ダンス―その逆境の中で育まれた表現は
ジャズにも共通する生命力を持ちます。

躍動するタップの洪水と整然とした群舞の美しさ、肉体の極限に挑むひたむきな舞台は
「人間」が織りなす表現の可能性に感動する稀有な瞬間を作り出します。

観る者の心までもが躍りだすビタミンのようなこの舞台をぜひあなたの大切な人と味わってください。
公演終了後には満足度200%となること請け合いです。

完売必至の公演ですので、座席の確保はお早めに!

皆様のご来場を心よりお待ちしております。

【NIC関係者・特別料金のお知らせ】

【日程】
2010年7月17日(土) 14:00/19:00、18日(日)、19日(月・祝)12:30〜
※東京公演は4回。開場はいずれも30分前。 

【会場】 Bunkamura オーチャードホール

【料金(税込・全席指定)】   S席 ¥10,000⇒8,500円

なお、特別割引につき、座席は当方で指定させていただきますので、あらかじめご了承ください。

各公演、先着20名様まで
申込希望者は、kyouhokai@nicuc.ac.jp までご連絡下さい。


*****************************************

NIC卒業生の皆さま、こんにちは!お元気ですか?

私は帰国後、日本各地を住み込みバイト(仲居や牧場)で転々とし、
JAXA(調布)の広報で翻訳・英語ガイドなどをしながらエイサー&演劇活動をしてきました。

そして2007年からは青年海外協力隊でメキシコへ2年間派遣、
現地で様々な障害を持つ子どもたちを中心とした劇団を立ち上げ巡回公演などを行っていました。
(現地で企画した日本祭には、同期の歌姫かんなちゃんにも日本から参加してもらい、大盛り上がりでした!)

そしてちょうど帰国のタイミングで、青年海外協力隊の仲間が
音楽マネジメント会社を設立しその勢いで入社、現在はまったく未知の分野で、
悪戦苦闘しながらも元気に走り回って、早1年になります。

先日、久々に本公演の話でNICを訪れたら、相変わらずスタッフが同じ笑顔で迎えてくれて、
10年の月日の流れを感じず、地上から海の底に戻った浦島太郎のような気持ちになりました。
アットホームで、自由にお話ができて、ほんとに気持ちよかったです。

本公演「トリニティ・アイリッシュ・ダンス」の割引は東京公演のみですが、
北海道から沖縄までダンサーたちのマネージャー兼通訳で全国行脚しますので
(各地ツアーの詳細はこちら⇒ http://www.trinity-irishdance.jp )
お近くの公演があったら是非いらしてください!

久々にお会いできたら本当にうれしいです。

小野寺(現:森田) 真弓
  
Posted by ktukjp at 19:48

March 22, 2010

カナダのトップ州立大学へ編入

カナダ・ブリティッシュ・コロンビア州立ダグラス・カレッジから
サイモンフレーザー大学国際学科に編入した
NIC第20期生 森澤初美さん(東京・東京女学館高等学校出身)のメッセージが届きました。

〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜

<森澤初美さんからのメッセージ>

お久しぶりです!20期生の森澤 初美です。
この間SFUの方から編入手続き完了のメールをもらいました!

今学期(冬学期)でDouglas Collegeを卒業、5月の夏学期からSFUに通います。
Simon Fraser University(SFU)はバンクーバーのあるブリティッシュ・コロンビア州の中でUBC(University of British Columbia)に次ぐ大きな大学です。5月からSFUに入り、International Studies(国際学科)を勉強します。

今はバンクーバーオリンピックが開催されているので、現地の学校のほとんどが休校です。なので、私も今2週間の中休み中です^^
オリンピックはこちらではとても盛り上がっていて、ダウンタウンは毎日人で溢れかえっています!!
オリンピック期間中に驚いたことは、ダウンタウンにいる人のほとんどがなにかしらカナダを象徴するものをつけて歩いていることです。
大きなカナダ国旗をマントのように羽織っている人、小さな旗をリュックにさしている人、顔にカナダの国旗をペイントしている人…
日本ではあまり見られない光景ですよね。
私はこういう光景からカナダ人のカナダに対する愛国心の強さや誇りをとても感じました。
異文化や民族に関することに興味がある私にとってはとても興味深い出来事でした。
あと3日で終わってしまいますが、とてもいい思い出になりそうです♪

2枚だけですが、オリンピックの写真を送らせていただきます。
カナダと日本の旗を持っている私と友達の写真と野外に設置されているトーチの写真です!

5月から大学へ入り勉強ができるので、今年もさらに引き締めて頑張っていこうと思います!!

2010.2.26

NIC20_Hatsumi_MorisawaNIC20_Hatsumi_Morisawa  
Posted by ktukjp at 14:18

March 16, 2010

NIC同窓生の皆さんへ 【登録データ更新のお願い】

【同窓生・登録データ更新のお願い】

NICでは、同窓生の皆さん個別にE-mailで
NICでは、大学編入、就職活動など、後輩の助けになるようにデータ更新を
随時、お願いしております。
いつも御協力して頂き、本当にありがとうございます。

後輩の皆さんから、大学編入に関して、就職活動について、
先輩の皆さんから話を伺いたいという連絡がNICに届いた場合には、
個別にコンタクトさせて頂いております。
その際には、御協力頂ければと思います。

また、NICに皆さんの近況とともにアップデイトされた情報を送って下さい。

郵便番号、現住所、電話番号、携帯電話番号、携帯メールアドレス
卒業大学、学部、卒業時期、職業(勤務先)、近況を明記の上、
kyouhokai@nicuc.ac.jpに送っていただけるようお願いいたします。


【同窓生・E-mailデータ更新のお願い】

NICでは、同窓生の皆さんへ
同窓生の近況、就職・転職情報、同窓生に関連したイベントなどを
定期的にメール配信しています。

NICからのお知らせが届いていない方は、
NIC卒業年度、お名前と共に
kyouhokai@nicuc.ac.jp へ御連絡下さい。  
Posted by ktukjp at 16:19

March 03, 2010

東北大学(フィリピン・マニラ勤務)からの求人

NIC第11期生 加藤歩さん(旧姓 井上さん)の御家族より
求人の御案内を頂きました。

加藤さんは今、御主人のお仕事の関係でフィリピンに在住で、
元気に子育て奮闘中だそうです。

**************************


<団体名>
国立大学法人 東北大学

<仕事内容>
東北大学大学院医学系研究科では、08年から文科省の受託を受け、
「フィリピンにおける新興・再興感染症研究拠点プログラム」を実施しており、
このプロジェクトの業務調整を行う人材を募集している。
業務内容は、経理、雇用管理、出張管理、契約書作成・締結、報告書作成など。

<勤務地>
フィリピン・マニラ(地方への出張あり)

<役 職>
東北大学大学院医学系研究科 微生物学分野 助手

<資 格>
使用言語は日本語および英語、メールや公文書を英語で作成することができればよい。
打ち合わせおよび会議も英語で行うことができる方。
社会経験を持っている方。

<待 遇>
公務員の給料に準じた、年俸制。赴任手当有。海外旅行保険、緊急時対応サービス加入。

<開始時期>
4月(応相談)

<雇用期間>
毎年の更新が必要になるが、最長で5年

<プロジェクトについて>
http://www.eid.med.tohoku.ac.jp/index.html

<応募締切>
3月12日(金)

<担 当>
加藤亮
メールにてご連絡いただきたく存じます。
katom@mail.tains.tohoku.ac.jp  
Posted by ktukjp at 07:42

February 01, 2010

<NIC第5期生より近況報告> グリーンカードを取得し、アメリカの国立公園でガイドとして活躍中!

グリーンカードを取得し、アメリカの国立公園でガイドとして活躍中のNIC第5期生 奈良岡正則さん(ユタ州立大学パーク&レクリエーション学科卒業、東奥義塾高等学校出身)からメッセージが届きました。

〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・

私が大学入学の年1992年は史上稀に見る競争率の激しい年でした。どんな大学にもそう簡単には入れなかったです。
高校2年生の時にカリフォルニア州で3週間ホームステイを経験し、いつかはアメリカに行って勉強してみたいという願望はありました。高校でも成績はそれ程良くなく、正直に言うと大学には入ることは諦めざるをえなかったです。
そんな時に出会ったのが、ネバタ州立大学日本校です。
どんな生徒に対してでも受け入れ態勢が良く整っていました。無事ネバタ州立大学日本校に入学する事ができ、新天地東京で新しい学生生活を送りました。
最初は成績が芳しくなかったですが、2学期の時に出あった彼女をきっかけに成績が尻上がりに向上して行きました。(その彼女は私の今の妻です)3学期の時に二人でユタの小さな短期大学に行く事に決め、渡米したのが1993年の6月のことです。
そこから16年間川の流れに乗って進んできました。特に先のことは考えず、その場その場を一生懸命やってきまて、あっという間の16年間でした。振り返ってみれば過去16年間、色々乗り越えてきました。学生中最愛の母が亡くなった時に、日本に一年間帰国し看病にあたりました。それでも留学を諦めず、学位をとりました。
今の会社に入り、会社就労中テロ後ビザの問題で日本で8ヶ月足止めを食い、そして極めつけはほぼ不可能に近い永住権への挑戦。常に逆境の中にいて、ハードルを乗り越えて来ました。

思い起こせば、アメリカに行った当初はアメリカの短期大学でさえ卒業する事は、視野には入れてなかったです。ただアメリカに行って英語を勉強し、アメリカの生活を経験してみたいと言う小さな冒険心しかなかったです。気が付いてみるとその場を無我夢中で精一杯頑張ることで、次の新しい道が開けていきました。

言い変えれば常に更なる新しいチャレンジに直面し、切り抜けて来ました。その最大のチャレンジはやはりグリーンカードを取ることでした。アメリカ人と結婚しない限りはそう誰でも取得するチャンスでさえも与えられません。たとえ与えられてとしても、莫大なお金と天文学的な時間がかかります。その上にテロ以降の移民法の厳格化と近年の不況のあおりをもろに受けて永住権取得は今では不可能に近い時代になってきました。
私は10年間で250万円の費用と10年間の月日を費やしました。それに加え多大な忍耐力も発揮しました。この数字からでも分かる様に、グリーンカードのチャンスを生かさない人も多いですし途中で諦めて日本に帰国してしまう人も少なくありません。
私自身も過去十年間何度か躊躇しましたが、最悪の場合は日本に帰って一からやり直そう、アメリカに住むことができなくても、それが人生の終わりでは無いからと常に自分に言い聞かせてきました。ビザで働いた10年間は苦難の連続でした。何せ働いている会社はビザ、永住権のスポンサーなので基本的に会社を変える事はできません。仕事上3分の1は出張又はツアーで家を空けていたし、経済的にも安定した仕事ではありません。このような苦難を乗り越えて物にした永住権なので、嬉しさは格別で正に自分で勝ち取った気分です。

私にしてみれば、青森の田舎の高校から始まりネバダ州立大学日本校を経てアメリカで忍耐と努力で成し遂げたグリーンカードです。私自信はアメリカンドリーム達成と自負しています。勿論これで終わりではありません。人生これから先は長いし次の目標があります。その目標に向かってこれからも更に向上心を持ち続けステップアップして行きたいです。

現在はソルトレイクシティとラスベガスを拠点に、アメリカ西部の国立公園のガイドを勤めています。
あまり知らない方も多いかもしれませんが、アメリカ国立公園はアメリカが誇る大自然の宝物です。有名なところでは、グランドキャ二オン国立公園、グレイシャー国立公園、イエローストーン国立公園があります。
私の担当している地域はアメリカ西部10州で25の国立公園と国立モニュメントです。ツアーの日数は4日から8日間で、ドライバー兼ガイドを勤める事が多いです。何せ日本では絶対見ることが出来ない、スケールの大きな大自然ばかりです。お客様は常に日本人は一度は見るべき景色だと、感激しております。
アメリカは自然保護の発祥地です。1872年に世界で初めて国立公園になったイエローストーン国立公園は未だに自然保護の模範になっています。国立公園の第一のアジェンダは自然に手をつけず、次世代に自然遺産を継承すると言うことです。世界遺産と言うのはアメリカの国立公園のアイディアがそのまま、世界遺産機構になったものです。

私は過去11年間アメリカが世界に誇る国立公園をお客様に案内してました。沢山の方の旅のお供をする事ができ、大変光栄に思います。これからもより沢山方に紹介して、心込めてガイドをしていきたいと思います。
皆さんも機会があったら、一度いらして下さい。その時は喜んで私がご案内致します。


<奈良岡正則さん・プロフィール>
1973年生まれ青森県弘前市出身。東奥義塾高等学校を卒業後1992年ネバタ州立大学日本校(現:NIC International College in Japan)入学。1993年ユタ州スノーカレッジ入学。1996年ユタ州立大学編入。1999年ユタ州立大学パーク&レクリエーション学科卒業。1999年ソルトレイクシティのウエスタンレジャー社入社。主にアメリカ西部10州の国立公園を巡る周遊型ツアーのガイドを勤める。2009年長年会社を通して申告してきた永住権(グリーンカード)を取得。現在はツアーガイドを勤める傍ら、企画と営業にも携わる。
  
Posted by ktukjp at 15:47

January 28, 2010

NIC第20期生のネバダ州立トラッキーメドウズ・カレッジでの様子

ネバダ州立トラッキーメドウズ・カレッジに在籍するNIC第20期生 紀伊菜保子さん(福岡女学院高等学校出身)が冬休みの帰国の際、NICに来校し近況を知らせてくれました。

〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・

2010年の秋にネバダ州立トラッキーメドウズ・カレッジからネバダ州立大学ラスベガス校ホテル経営学部に編入する予定なので、頑張って単位を取っています。

英語でのクラスは今でも大変だけど、頑張った成果が出るとすごく嬉しいです。

今はアメリカ人のルームメイト3人とおしゃべりして、英語力を更に伸ばしていくように努力しています。
毎日が勉強だけど、NICの同期の子達と一緒に頑張っています。

そして、自分の成長していく姿を実感して、留学してよかったと思っています。
NICでの勉強があったから、これまでも今からも頑張れていまし、これからも頑張っていきたいです。

NIC_Naoko Kii  
Posted by ktukjp at 16:37

January 26, 2010

NIC第18期生のオルブライト大学での様子

オルブライト大学(ペンシルバニア州)政治学科&心理学科(ダブルメジャー)に在籍するNIC第18期生 岩田拓也さん(埼玉県立松山高等学校出身)がNICに来校し、近況を知らせてくれました。
岩田さんは2010年5月卒業予定です。

~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・

自分の通うオルブライト大学に編入してから早2年半が経ちました。

他の大きな有名大学とは違い、オルブライト大学はこじんまりとした小さな私立大学なので、雰囲気がアットホームで学生の皆が皆を知っているという環境です。

大学に2年半もいると良き仲間ができ居心地がよくなり、勉強以外に色々なことに挑戦する事ができました。
学校の劇のプロダクションに参加したり、新入生オリエンテーションをリードするグループに加わったり、学校のコーヒーショップでアルバイトする他にも、学校の事務局アドミッション・オフィスで働き、学校見学に親子が訪れた時ツアーをしたりもしています。
また、学校のWebサイトのトップページに自分がのり知名度も上がり、Home Comingの全校学生の投票でTOP5に選ばれたりもしました。
留学生をまとめるクラブ、International Student Associationで自分はPresidentをし、留学生とアメリカ人学生との交流を深めるイベントを立ち上げ、学校の学生会メンバーの一員になったりしました。

ボランティア活動から他のアクティビティ、幅広く様々な事に手をつけているので、大幅に睡眠時間を削っていますが、それでも今の学校生活が大好きです。

NIC第17期生 岩田拓也さん
NIC第17期生 岩田拓也さん by (C)NIC  
Posted by ktukjp at 13:10

January 18, 2010

NIC共歩会(同窓会) 新春イベント 「New Year Resolution! 2010」

2010年1月16日(土)、NICの同窓会、共歩会・新春イベントが行われました。

今回のタイトルは、「New Year Resolution! 2010」。
第1部は、ワークショップ「2010年を○○な年にしよう!」。
それぞれの今年の目標をシェアし、My CREDOを作成しました。

第2部は、"New Year Resolution! 2010" Party。
日本からインド、ベルギー、リベリアとSKYPE通信を行いました。
共歩会のVISIONは、”メールひとつで世界に助けてくれる仲間がいる”です。
共歩会VISIONが少しグレイドアップしたSKYPE通信でした。

New Year Resolution! 2010 第一部
New Year Resolution! 2010 第一部 by (C)NIC共歩会

New Year Resolution! 2010 第2部
New Year Resolution! 2010 第2部 by (C)NIC共歩会  
Posted by ktukjp at 16:36

December 25, 2009

NICゴールデンエイジ生より、英国立ノッテンガム大学院からのメッセージ

20期生 塚元 佐千代さん(NICゴールデンエイジ生、英国立ノッテンガム大学院)から
近況のお知らせが届きました。

〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜

<塚元 佐千代さんからのメッセージ>

NICの皆さま

ご無沙汰しています。
渡英直前まで、たいへんお世話になりました。

The University of Nottingham、School of Politics and International Relationsの、Social and Global Justice MAで学んでいます。コースが始まってからというもの、ものすごい量のリーディングアサイメントと、エッセイライティングに追われ、あっという間に秋学期の授業が終了しました。現在は、休み明けに控えている期末テストの準備中です。

どの授業も、テキストはなく、レクチャーとディスカッションがメインのセミナーで、構成されています。政治・国際関係を初めて、しかも英語で学ぶ私にとっては、大学院の授業はかなり難しく、基礎的な知識を得るための、さらなるリーディングも必要です。結果、ひたすらリーディングの毎日でした。休みに入って、時間的余裕ができ、別々のクラスで学んだことがつながってきた現在、少し楽しめるようになってきたように感じます。NICに通っていなかったら、途中でギブアップしていたかもしれません。

ノッティンガム大の政治学部は、法学部・社会学部と同じビルに同居しており、それらの学部の授業も受講できます。私は、社会学部の、Globalization, Citizenship and Identityという授業を受講しました。大学に志願する際に、社会学部の同名のコースと、現在学んでいるコースのどちらにするか迷っていたのですが、結果的に両方学べて、非常に得をした感じです。春学期も、社会学部のHuman Rightsの授業を受ける予定です。

写真は、寮のキッチンメイトと開いたクリスマスパーティです。彼女たちの母親世代になる私ですが、いつも助けてもらっています。

みなさま、どうぞ良いお年をお迎えください。

NIC_Sachiyo  
Posted by ktukjp at 15:04

December 17, 2009

NIC第20期生がタイ国立ランジット大学へ交換留学!

NIC第20期生 渡辺聖也さん(国立広島大学附属高校出身)から、カリフォルニア州立大学チコ校よりタイ国立ランジット大学へ交換留学すると報告がありました。

〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・

こんにちは、NIC 20期の渡辺聖也です。
ファイナルもあと明日の一つを残すだけです。

連絡が遅れてしまったのですが、次のセメスターはタイのバンコクで勉強することになりました。1月から約4カ月間です。
Rangsit Universityというところで、international universityなので授業はすべて英語で行われます。取得した単位はChico Stateにトランスファーされます。

それに伴って専攻がInternational Relationsに加えてAsian Studiesとのダブルメジャーになりました。
Fall 2010のセメスターにまたChicoに帰ってきて、もう1年で卒業できる予定です!

またタイでの生活について連絡します。
それでは、Have a good holiday!

  
Posted by ktukjp at 12:52

December 07, 2009

NIC第10期生 サイエンス・プレゼンテーション・コンテストで優勝!

岩井優和小10月31日(土)、東京お台場の国際研究交流大学村で行われた独立行政法人科学技術振興機構主催の「サイエンスアゴラ2009」、「サイエンス・プレゼンテーション・コンテスト2009」で、NIC第10期生 岩井優和さん(奈良育英高校出身)が見事優勝しました!

理化学研究所HPでの紹介

写真説明:
「今年の9月に屋久島に縄文杉を見に行った時の写真です。植物学者なので、やっぱり縄文杉は見ておかないとと思って見に行きました。(岩井)」

〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・

岩井さんは新聞奨学生をやりながら、NICで1年間の課程を修了しました。その後、さらにお金をためるためにもう一年間、一般教養科目を履修しながら新聞奨学生を継続しました。
その後、カリフォルニア州立シャスタ・カレッジに編入し卒業、カリフォルニア州立大学ハンボルト校理学部3年次修了後、一時帰国しさらに1年間新聞奨学生をやってお金をため、ハンボルト校4年次に戻り、卒業したという苦労人です。卒業後、北海道大学大学院 生命科学院 博士課程に入学、卒業後
今年4月より独立行政法人理化学研究所(理研)で基礎科学特別研究員(理研 基幹研究所 先端光科学研究領域 エクストリームフォトニクス研究グループ リアルタイム生体イメージング研究チーム)として光合成タンパク質機能の可視化というテーマで研究に従事されています。

また、北海道大学大学院 修士課程在学時に、植物の神秘「光合成」の研究を始め、その間成し遂げた業績が独立行政法人日本学術振興会に認められ、同大学大学院 博士課程では特別研究員(DC1)として研究に従事し、博士号(生命科学)を取得しました。


<岩井さんからのメッセージ>
今回、お台場日本科学未来館で開催されたサイエンス・プレゼンテーション・コンテストは「光合成の大切さをたくさんの人に知ってもらいたい」という思いから参加しました。このコンテストでは、普段の学会発表とはまったく異なり、スライドを一切使わず、5分間で僕の思いを伝えて、会場の観客の心を掴み、そして評価してもらわなければなりませんでした。難しいことを抜きに、でも最新の光合成研究のトピックを僕なりに「情熱」をこめて語りました。そして、有り難いことに優勝させていただきました。

僕が通ったカリフォルニア州立大学ハンボルト校は世界最長の巨木「Redwoods」が生息する自然溢れる緑豊かな大学です。Redwoodsの高さは最長で115メートルにまで成り、それを支える力はまぎれもなく光合成によって得られた太陽の光エネルギーです。大切な自然を支えるのは光合成であり、そして人類含め全ての動物はこの自然に依存しています。

自然環境破壊、地球温暖化、エネルギー問題などの言葉が飛び交う昨今、私たちが生活する地球環境は劇的に変化しています。約30億年かけて光合成生物が溜め込んできた太陽の光エネルギー(化石燃料や木材など)を私たちはたった数十年で使い切ろうとしています。昔は世界中に分布していたRedwoodsも、今やそのほとんどはハンボルト校の周辺にしか生息していません。

植物は強い。でも、人はそれを簡単に壊す力を持っています。でも同時に、人はそれを助ける力も充分に持っているんです。

植物は当たり前のように二酸化炭素を吸い、酸素を生み出してくれる。その「当たり前」に私たちは生まれた時から依存しているせいか、それが当然のように感じてしまいがちです。でも、その「当たり前」の光合成は地球史上、奇跡的なことであり、決して「当たり前」なことではないんです。光合成の大切さを知れば、植物に対する見方、接し方が変わる気がします。そして、それが地球環境を考えるきっかけにもなり、次世代のための住み良い地球環境に繋がる気がします。

みなさんは、自分の将来を見据え、留学に挑戦する勇気と力を持っている方達です。
みなさんで少しだけでも植物のため、地球のためになることをすれば、その影響力は大きなものになると思います。
一人一苗。
自分の夢と一緒に大切に育ててみてはいかかですか?







  
Posted by ktukjp at 11:19

October 26, 2009

NIC第10期生よりワークショップ「ABA(応用行動分析)による発達障がい児への療育アプローチ」の案内

NIC第10期生 上村 裕章さん(応用行動分析(ABA)スペシャリスト、日本心理学会認定心理士行動・教育コンサルティングジャパン[BECJ] エグゼクティブディレクター、カリフォルニア州パシフィック大学院心理学部応用行動分析学科卒業、ネバダ州立大学リノ校 心理学部卒業)からABAワークショップのお知らせです。

〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・

全国ABAワークショップ第3弾 in 東京

演題:「ABA(応用行動分析)による発達障がい児への療育アプローチ」
日時: 11月29日(日) 9:30 〜 11:30
講師:上村 裕章
時間:9:30-11:30
(開場は講演時間の30分前から開始します) 
会場:こどもの城904号室
参加費:2,000円/人
定員:40名

参加申し込み用チラシのダウンロードはこちら→(表面/裏面
  
Posted by ktukjp at 16:27

October 23, 2009

NIC第15期生より「ガリレオの夕べ (Galilean Nights)」のお知らせ

国立天文台内に設置されている世界天文年2009事務局で仕事をしている
NIC15期生 小宮山浩子さん(ハワイ大学ヒロ校卒業 天文学専攻)からのお知らせです。
浩子さんは、ヒロ校在学中に国立天文台ハワイ観測所 すばる望遠鏡で
アルバイト経験もお持ちです。

〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜

世界天文年2009では22日から24日までの3日間、Galilean Nightsという企画で、
世界中で1000以上の観望会が行われます。
もちろん日本でも全国各地でたくさんの観望会が開催されますので、
皆さんもこの機会にぜひ夜空を見上げてみてはいかがでしょうか。
24日は難しいかもしれませんが、23日あたりまではオリオン座流星群も
見れるチャンスです。

そして今週土曜日、
24日には天文台で三鷹・星と宇宙の日(旧名称:三鷹地区特別公開)が開催されます。
天文や星に興味のある方はもちろん、興味がない方もちょっとしたお出かけ気分で、
天文台に来てみてはいかがでしょうか?
天文台内の常時公開エリアを含め、普段公開していない場所も見学できるようになったり、
天文学者の方のお話が聞けたり、直接話ができたり、夜には星をみる観望会もあります。

皆様、ぜひぜひご参加ください!

詳しい情報はぜひ下記のWebページをご覧ください。
世界天文年2009 日本HP
世界天文年2009 Global site
めざせ1000万人!みんなで星を見よう!
国立天文台HP
三鷹・星と宇宙の日(旧名称:三鷹地区特別公開)  
Posted by ktukjp at 14:39

October 03, 2009

NIC第6期生 NIC同窓会前会長 村尾隆介さんのメディア新情報

NIC第6期生 村尾隆介さんの(ネバダ州立大学ラスベガス校政治学部卒、NIC共歩会(同窓会)会長(2005-07))から、メディア新情報が届きました。

〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・

サブプライムから、およそ1年。

各雑誌社が、「あれから1年特集」を組みはじめているのですが、
その中のひとつで、別冊宝島MOOK『「究極」のお金の授業』というムックが、
10月5日に発売となります。

その中では、この世界的不況の中でも“成長し続ける時代のリーダー”が、
フィーチャーされているのですが、大変ありがたいことに、僕も入れてくださっています。

これまで書籍でも、雑誌でも、DVDでも、
僕が『お金のこと、収入のこと』を具体的に話したことはありませんでした。

これが僕にとって事実上はじめての
「お金についての発想術と、普段から実践していること」
のディスクロージャーになります。

どこまで参考になるか???ですが、ぜひ機会があったら、書店で手にとってみてください!

///////////////////////////////////////////////////////////

THANK YOU!

新刊も“アマゾン 2部門で売上1位”となりました!
小さな会社のブランド戦略
〜「生き方」と「働き方」が一致するビジネスモデル〜

著・村尾隆介(PHP研究所)


//////////////////////////////////////////////////////////

アマゾン3部門1位! 紀伊国屋新宿本店1位!
有隣堂 恵比寿アトレ店総合1位!

小さな会社・お店を経営しているご友人、
起業家予備軍へのプレゼントに最適です。

だれかに 話したくなる 小さな会社
〜「社会モテ」するブランド戦略〜

著・浜口隆則 & 村尾隆介(かんき出版)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4761265477/starbrand-22/ref=nosim

//////////////////////////////////////////////////////////

書籍「だれかに 話したくなる 小さな会社」の公式ウェブサイト
見どころは画像で見る『書籍のメイキング』です!

村尾隆介公式ウェブサイト 
800エントリ以上の“会社・個人のブランド戦略”のヒント満載

『30日間で出来る!“小さな会社のブランド戦略”キット』あの会社も、この会社も、実はこのキットを使って成功しています。

それらの成功した会社の事例は、無料のフリーペーパー
「スターブランドTIMES」で随時紹介しています!
ONLINEフリーペーパー「スターブランドTIMES」のお申し込みはコチラ!

  
Posted by ktukjp at 22:00

September 10, 2009

NIC第21期生からネパール・ドキュメンタリー映画の日本上映企画について

NIC第21期生で9月から英国立ハル大学修士課程へ進学する東 桂太さん(法政大学第二高校出身・法政大学卒)からネパール・ドキュメンタリー映画の日本上映企画の告知です。

東さんは、ハーグ国際司法裁判所でTULSI BHANDARI監督に出会い、
独立型の国際協力を果たすべく、
来年4月を目途に日本国内での上映を目指して奔走しています。

世界では、既にハーバード大学やチューリッヒ大学での上映が決定しており、
日本も遅れを取るわけにはいかない状況だそうです。
上映場所・協力者も募集中ですので、
ご関心ある方は下記連絡先にお問い合わせをお願いします。

〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・

NIC21_Keita Azuma



<東さんからのメッセージ>
この映画は10年に及ぶネパールの内戦を通して、よりよい社会を望み
築いていく過程に暴力を伴う闘争が展開する背景とその被害の実態
という現代の国際社会が抱える大きなテーマに迫っています。
歴史に残る変革をリアルタイムで追った映像作品を通して
正常な議会、正常な選挙を確立するまでの道のりに触れる
ことは、成人を迎えつつある皆さんが今後の日本を考えていく
上でもいい刺激になるのではないでしょうか。

今回は試写会という形で英語版を見ていただくことになります。
本年11月までに日本語版を制作し、その後来年12月までを目途に
主要大学や公共施設、ミニシアター等で上映していく予定です。
ご興味があれば、このプロジェクトに参加していただくことも可能です。

上映作品:『BENEATH EVEREST −Nepal Reborn−』

映画公式ページにて予告映像視聴可

※上映の前後に、作品の製作背景や監督の経歴、集めた資金によって行われる
社会奉仕活動の具体的な内容について簡単に説明させていただきます。

日時:9 月19 日(土) 19:00〜21:30 (18:30 開場 上映時間93 分)
場所:緑ヶ丘文化会館 本館(目黒区緑が丘2−14−23)

東急東横線・大井町線 「自由が丘」駅 徒歩約7 分
東急バス「緑が丘交番前」 徒歩約6 分

入場料:無料

主催:国際協力推進機構
共催:very50

申し込み:E-mail にて直接ご連絡下さい。

申し込み・問い合わせ
試写会のお申し込みだけでなく、質問、意見等、お気軽にご連絡下さい。

東 桂太 (Keita Azuma)
The University of Hull MA in International Law and Politics
NIC第21期生
陸上自衛隊予備自衛官二等陸士
国際協力推進機構

E-mail:keita_azuma1985@hotmail.co.jp
  
Posted by ktukjp at 14:45

August 31, 2009

祝・NIC同窓生より衆議院議員・誕生

NIC第2期生 早川久美子さん(カリフォルニア州立大学サクラメント校経済学部卒、東京・共栄学園高等学校出身)が第45回 衆議院選挙で、見事当選を果たしました。

葛飾区議会議員2期8年の実績をひきさげて、国政に初挑戦、に初当選を果たされました。

今後益々の御活躍を応援しております。

2004年実施のNICインタビュー

NIC_Hayakawa

  
Posted by ktukjp at 14:14

August 24, 2009

奨学金をもらって、カリフォルニア州立大学フラートン校 音楽学部ピアノ科に編入

カリフォルニア州立シトラス・カレッジからにカリフォルニア州立大学フラートン校 音楽学部ピアノ科に編入をきめたNIC第19期生 林 賢貞さん(東京都立芸術高校出身)からメッセージです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 

こんにちは。19期生の林 賢貞(イム ヒョンジョン)です。
この9月から CSU FullertonにPiano Performance majorとして編入することになりました。

もともとは音楽療法に興味があり留学を決意してきたわけなんですけど、アメリカに渡米して入ったCitrus CollegeでGEと共に、学校のMusic Programの中で2年間、ピアノの伴奏者として学校で雇われ、歌のクラスで弾いたりするバイトをするなかで伴奏にさらに興味を持ち、この2月に編入のための実技のオーディションを受けて無事合格し、奨学金もいただき編入することになりました。

この学校はカリフォルニアにある州立大学の中ではピアノ科としてプログラムも教授陣も素晴らしく、特にUndergraduate Programに伴奏科があるのはここしかなく、もうすぐ始まる学校生活がとても楽しみです。

学校でお世話になったピアノの先生

コーラスの指揮の先生

Citrus Collegeで出会った20期生の舟越友紀さん(Music Programで歌を勉強中)
  
Posted by ktukjp at 17:19

August 11, 2009

NIC第13期生からの芝居の告知

ネバダ州立大学リノ校演劇学部を卒業した
NIC第13期生 新里 哲太郎さん(沖縄県立普天間高校出身)が
出演する芝居のお知らせです。

タイトル「弟×」〜animal〜

内容
笑いばっかりの120分。
どこかの動物園での動物たちと飼育員の話。
ホント、笑いオンリーのお芝居だから、内容は全く深くないので説明はぶいちゃいます、すみません。どんなお笑い?…見に来て確めてください

脚本・演出:  三宅和樹

キャスト:
洪成一
はだ一朗(激富)
三宅和樹
久保田康裕(吉田商店)
佐藤智(81produce)
丸岡真由子(サンミュージックアカデミー)
中園彩香(舞夢プロ)
中山陽可(FAA)
新里哲太郎 (WE WE BET)

日時 
9月4日 19:00
9月5日 15:00 19:00
9月6日 13:00 17:00

場所
中野 スタジオあくとれ
中野区中野2ー11ー2 B1
TEL 03ー3384ー3495

チケット
前売り \3,000
当 日 \3,500 にて取り扱い

前売りはweb予約のみになります。
予約扱いで当日前売り券料金にてご入場です。
haisai_seasa_tetsu@hotmail.com 又は http://pasta.sakura.ne.jp/
※メールアドレスに予約する場合、名前、何枚でいつの何時の回を必ず記名してください。

<新里さんからのメッセージ>
今回はホント笑い好きな人、笑っておきたい人、最近笑ってない人、是非腹を抱えに気軽に見に来てください。お待ちしてます。

ただ、あまり大きなところではないので、満席になった場合はごめんなさい。

夏がきて街は暑さと忙しさで、もみくちゃになってるけど、時間つくれたら、どうぞ笑顔になって一緒に楽しみましょう!



NIC13Tetsu  
Posted by ktukjp at 13:18

August 10, 2009

NIC共歩会(同窓会) 夏イベント 「友達と家族と新木場でBBQ!」 開催!

8月8日(土)夢の島公園にて、NIC共歩会(同窓会)夏イベント
「友達と家族と新木場でBBQ!」が開催されました。

2009夏、NIC共歩会(同窓会)BBQ
2009夏、NIC共歩会(同窓会)BBQ by (C)NIC共歩会  
Posted by ktukjp at 13:54

August 04, 2009

22期生1学期末オリエンテーション

22期生1学期末オリエンテーションが09/08/03(月)に行われました。

進学先について、夏休みの過ごし方、先輩・廣田先生からメッセージが贈られました。

今回の先輩ゲストスピーカーは、R&Dシンガーとして活躍中のNIC第14期生 宏実さん。
宏実さんの持ち歌、RainbowCompleteを披露してくれ、また歌手を目指したキッカケ、NIC、ボストンでの留学体験、進学先を決めるヒント、どう自分自身を受け止めるかなど、宏実さんの生の経験を話してくれました。

Danny先生からは、夏休みの過ごし方などのメッセージがありました。
また進路決定において、Heartだけでなく、頭も使って考えるように、Danny先生の経験を踏まえたアドバイスがされました。

廣田先生からは、ハーバード大学院MLEの経験を元に「やり抜いた先に新しい世界が広がる」、「無駄な事は何もない、全てが人生のジグソーパズルが仕上がる為に必要な事」などのメッセージが送られました。

22期生1学期末オリエンテーション
22期生1学期末オリエンテーション by (C)NIC


宏実さんのパフォーマンス<動画>
↓の曲名をクリックするとオリエンテーションでの宏実さんの動画が見られます。

"Rainbow"
"Complete"

  
Posted by ktukjp at 16:03

July 28, 2009

UCSD(カリフォルニア大学サンディエゴ校) 経済学部に編入

NIC第18期生 木村 吏志さん(東京・巣鴨高校出身)の
4年制大学編入ニュース

木村 吏志さんがNICに来校し、
カリフォルニア州立サンタモニカ・カレッジから
カリフォルニア大学デービス校、カリフォルニア大学サンタバーバラ校、
カリフォルニア大学アーバイン校などの大学に合格し、
カリフォルニア大学サンディエゴ校経済学部への編入を決めたという報告してくれました。

木村さんは、サンタモニカ・カレッジ在学中、
独立行政法人日本貿易振興機構(ジェトロ)ロサンゼルス・センターで
インターンも経験しています。
  
Posted by ktukjp at 12:14

July 27, 2009

第14期生 上田晃司さんからポートレート・グループ展のお知らせ

世界遺産オフィシャル・カメラマンでもある上田さんがグループ展のお知らせです。

【上田さんからのメッセージ】
ポートレートのグループ展「ポートレート専科2009」が始まりました。
7月27日〜8月2日まで開催しています。

お時間のある方は、是非足を運んでみてください。

かなり、ガチンコで撮影したので、是非見ていただきたいです!
かなり満足な仕上がりです。 

--------------------------------------------------------------
「ポートレート専科2009」 
入場無料
期間:2009年7月28日(火)〜8月2日(日)
時間:11:00〜19:00(最終日は17:00まで)
場所:ギャラリールデコ2・3階(渋谷区渋谷3−16−3)

  
Posted by ktukjp at 16:16

July 14, 2009

NIC第17期生 中山大輔さんからThe Ohio State Universityの卒業報告

NIC第17期生 中山大輔さん The Ohio State University Marketing and
Logistics専攻(神奈川県立横須賀高校出身)が
7月9日(木)、卒業の報告に来校してくれました。

ボストンのキャリアフォーラム等で就職活動し、
この10月より東証1部上場の企業で勤務が始まります。

Daisuke_N1


NIC Daisuke


NIC Daisuke w/Harue (DVC staff)


NIC Daisuke w/Aleks (DVC International Office Director)
  
Posted by ktukjp at 16:17

July 10, 2009

UCSD(カリフォルニア大学サンディエゴ校) Music学部に編入

NIC19期生 佐々木 晶子さん(香川県立高松高校出身)
4年制大学編入ニュース


カリフォルニア州立ディアンザー・カレッジ在学中の佐々木 晶子さんから
UCサンディエゴへ編入を決めたという報告が届きました。
Music Majorで、Jazz and the Music of African Diaspora専攻。

<佐々木さんの近況 5/28/09>
編入先がやっと決まり、NICやそれ以外の友人たちと皆で引越しなどの準備を進めているところです。
Quarter制のため授業はあと1ヶ月ありますが、もうDeAnzaでの生活が最後かぁと思うと不思議な感じです。
残り少し夏休みまでの間を楽しく有意義なものにしたいと思っています。

  
Posted by ktukjp at 12:54

NIC第17期生の近況 - NATAのAthletic Trainerの資格を取得。大学院に進学。大学院では授業料免除&生活費の給料をもらえる!

NIC第17期生 板野圭佑さん(広島県立府中高校出身)からの近況です。

この5月にカリフォルニア州立大学フレズノ校Athletic Training学科を卒業し、8月からオハイオ州にあるUniversiity of Toledoの大学院へ進学します。
卒業と同時にNATAのAthleteic Trainingの資格も取得しました。
大学院では、Athletic Trainingを学びます。
近くの高校に派遣され、Athletic Trainerとして働き、週3日くらい授業を受ける予定です。
授業料は免除される上に、生活費程度のお給料が貰えることになっています。

Fresno在学中は、San Fansice Giantsのマイナーリーグ、Fresno Grezzriesでインターンも経験しました。
  
Posted by ktukjp at 10:55

July 09, 2009

第18期生からの写真とメッセージが届きました!

第18期生 柳澤拓也さん(埼玉県・国立筑波大学付属坂戸高校出身、University of Hertfordshire School of Aerospce Enginerring/Aerospace Technology with Pilot Studies在学中)よりフライトトレーニングの時の写真とメッセージが届きました!

* 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜

大学の専攻の必修講義の中には、
セスナ機での20時間のフライトトレーニングがあります。
今年2月にコースを変更し、6月までに大学の勉強に加え20時間のフライトをしなければいけなかったのですごく忙しいスケジュールでしたが、何とか終わらせることができ今学期の成績もオールAを取れました。

最後のフライトトレーニングでは、自分の大学と住んでいる街の上空を飛び写真を撮らせてもらいました。
やっぱりイギリスの街並はきれいでミニチュアのおもちゃみたいでした。また山がないので空からみるイギリスの大地はどこまでも広がっていて
とても感動しました。今しかできないすごくいい経験をさせてもらったと思います。

残りの学生生活を楽しんで、就職に向けていいスタートを切れるように頑張りたいと思います。

NIC18期 柳澤拓也

NIC_Takuya1

NIC_Takuya2

NIC_Takuya3

NIC_Takuya4
  
Posted by ktukjp at 17:20

July 07, 2009

20期生の近況

20期生でカリフォルニア州立グレンデール・カレッジで学ぶ野澤実奈さん(栃木県立鹿沼高校出身)がDean's Listの賞状を持って来校してくれました。

「高校までは勉強が嫌いだった。そんな私が、ALL Aを取って表彰されました。これで、奨学金の申請の基準も満たしたので、申請しようと思っています!」
NIC_Mina Nozawa
NIC_Mina Nozawa
  
Posted by ktukjp at 17:09

June 15, 2009

NIC16期生から近況のお知らせ - 感謝の心を忘れず、あきらめなければ夢は叶う

NIC_Natsuko2
第16期生 平野菜律子さん(福岡県・筑紫女学園高校出身、American Musical and Dramatic Academy(AMDA)卒業)よりOPT(オプショナル・プラクティカル・トレーニング)の様子が届きました!

〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜

こんにちは。NIC16期の平野菜律子です。

現在、バージニア州のWohlfahrt Haus Theatreで上演されているミュージカル、The King and I にFan dancerとElizaとして出演しています。
Fan dancer は一幕で主役のAnnaと一緒にクラスルームで踊る人、Elizaは二幕の15分間あるバレエの主役です。ラッキーなことに、Elizaの時の写真がお隣の州、ウエストバージニア州の新聞に紹介されました。
そして、先日、この劇場で受けたオーディションの結果がでて、このThe King and I のあとに控えている2作品、The Goldren OldiesとThoroughly Modern Millieに出演することが決まりました。The Golden Oldiesは50年代ポップソングのレビューショー、Millieはタップダンスミュージカルで、私のdream showです。

私はNIC卒業後、カリフォルニア州のSanta Monica CollegeにTheatre Majorとして進学卒業した後、NYのAmerican Musical and Dramatic Academy(AMDA)に進学卒業し、現在OPTで、上記のシアターと契約しています。
10歳の時からプロとして舞台に立つのが夢だったのでその一歩を踏み出すことができ、とてもうれしいです。もっと上を目指して、これからも日々頑張っていこうと思います。

NICに在学中、ツアーで来ていたRENTをNICのすぐ近くの東京厚生年金会館で見たことがありますが、今年はそれがHair Sprayという作品で、それにAMDA時代の友達が出演しています。それに刺激されると同時に、考え振り返ってみると、NICでの一年間は本当に楽しくて仕方がなかったのですが、やはりそこは出発点だったのだと思います。

留学して5年になりますが、シアターは完璧に近い英語を要求されるので、まだまだ苦戦していますし、コンスタントに仕事がある世界ではないのでこれからも大変だと思います。まだまだな私ですが、今の時点で私が言えることは、感謝の心を忘れず、あきらめなければ夢は叶うということです。その精神でこれからもがんばっていこうと思います。

最後に、映画学科、演劇学科、写真学科などに在学されている方で人が必要な際は喜んで協力させてください。(NICの担当、kyouhokai@nicuc.ac.jpに連絡して下さい)

暑い日が続きますが、みなさん体に気をつけてがんばってください!

平野菜律子
NIC_Natsuko4
NIC_Natsuko3
NIC_Natsuko5
NIC_Natsuko1
  
Posted by ktukjp at 14:54

June 08, 2009

18期生 小口雄之さんより 〜 「真っ暗」な将来に向かい、最後まで挑戦したい

NIC18期生 小口 雄之さん(ウィスコンシン大学マディソン校 Wildlife Ecology専攻、長野県立松本深志高校出身)からの近況メッセージ

* * * * * * * * * * * * * * *

ウィスコンシン大学マディソン校 ― 愛すべき僕の母校。世界有数の研究大学であるとともに、1933年、世界で初めて『野生動物生態学』を学問分野として教えた大学だ。
その学部創始者、Wildlife Ecologyの父として知られるAldo Leopoldの「末裔」の一人として、僕はいま野生動物生態学者を目指している。

Wildlife Ecologyとは、野生動物の科学を基礎として人間と動物の関わりに着目し、研究によって得られる理解から野生動物の保護管理を計画的に行おうとする学問である。動物との共存が大きな課題となっている世界で、その答えの一つとして重要な分野だ。体系的知識が必要で、奥が深い。
学べば学ぶほど面白く、その魅力はとてつもない!

・・・根っこはヘタレである僕だが、子供のころから動物が好きで、好きなことには熱中した。高校時にはヘタレが勝って大学受験には失敗。だが2nd chanceに恵まれ、NIC、De Anza College(CA)を経て、一年半前、Wildlife Ecologyの学部生としてウィスコンシン大学に編入することができた。ここでの成績は、GPA 3.881。

“Top-performing”
“Enthusiastic !”
“The most impressive international student I've ever seen in terms of personality”
学部長からも、このように大変ありがたい評価を頂いている。

ウィスコンシンでは「勉強」の傍ら、インターンシップやボランティアでフィールドワークをやったり、院生のセミナーに参加して野生動物医学に関するディスカッションをしたりと、生活は非常に濃い。
中でも最も力を注いでいるのが、教授や院生に付いて行っている鳥類の免疫生態学の研究だ。基礎的な研究だが、免疫機構と環境のつながりを知ることは、野生動物の健康を考える上で重要だと感じる。卒業研究も、この分野で行う予定であり、今では計画のためにアタマを悩ましている・・・。

2年後(まだそんなに学部生やるんかい!?)に控えた卒業時の目標は、Honors in Research(卒業研究プログラムの修了)とHighest Distinction(“首席”=成績で上位5%)を得ること。その後は大学院へ進学し、野生動物の研究者への夢を追い続けたいと願っている。

しかし、僕の将来を取り巻く状況は、実に厳しい。
日本では「野生動物保護管理」という概念も、その分野での「プロフェショナリズム」もあまり確立されていないために、職の需要がなく、プロの研究者になること自体が困難だ。その二つが揃っているアメリカではどうか・・・。ところが、ここでは僕は、アウトサイダーでしかない。やる気と実力のある国内生(アメリカ人)が大勢いるなか、「外国人」がwildlifeで職を得るのなんて、並大抵のことではない。どちらにおいても、野生動物生態学者を目指すというのは、とても危険な賭けだ。・・・そんななかで、「夢は分かるが、生活はどうするのか??」という意見もある。

夢を追うことに伴うコストとリスク・・・。自分の夢に対する「責任」のような感覚や、周囲からの期待は時として重圧になる。こんなにやっても駄目かもしれないという、常在する不安。成績は出して当然というプレッシャー。野生動物の知識や技術も、まだ何もちゃんと分かってないんじゃないかという焦り・・・。鬱々として部屋に閉じこもってしまうこともある。


それでも、僕は自分の夢を裏切りたくない。
好きなことで、価値あることを仕事としたいという哲学も、持ち続けたい。


NICを卒業して三年、海洋生物学者という夢は、獣医師へとかわり、そしてまた野生動物生態学者へとかわったけれど・・・

野生動物が好き。彼らの研究をしたい。
そして彼らとの共存のために貢献したい。

その僕の心は、今も変わってはいない。僕はその素直な気持ちに、まっすぐに生きたいし、そのための学びをすることを、もっと楽しみたい。だからこそ、厳しい状況を知った上で、それに立ち向かっていきたい。

・・・そう思って、今日も、ぼちぼちと頑張っている。


最後に、僕を支え続けてくれる両親、先生方、そして仲間たちに、心から感謝したい。

志を共にした18期生のみんなへ。
Yearbookにもある“原石”としてNICを旅立った僕は、まだまだ未熟で、強い輝きを放つには時間がかかりそうだ。だけど、これからも夢に向かって闘っていく。
みんなも、それぞれの未来に向かって歩み続けているのかな。
そしてNIC在学中、僕と一緒に人間と動物の共存を考え、たくさんのインスピレーションをくれた獣医の卵へ。Sydneyで頑張ってるあなたを、世界の反対側から応援している。立派な獣医になれよ!


-----------------------------------
Yushi Oguchi
Undergrad Researcher, Physiology Lab
Department of Forest and Wildlife Ecology, UW-Madison
Student Member, the Japanese Society of Zoo and Wildlife Medicine




(写真上から)
− 大学にて
− 野生のフクロウの生体捕獲や扱いを学ぶワークショップにて
− 研究室では、鳥の生理機構と環境のつながりを探求し・・・
− よくわからん免疫生態学の論文と向き合う・・・(泣)
大学にて
野生のフクロウの生体捕獲や扱いを学ぶワークショップにて
研究室では、鳥の生理機構と環境のつながりを探求し・・・
よくわからん免疫生態学の論文と向き合う・・・(泣)
  
Posted by ktukjp at 11:23

June 05, 2009

NIC第18期生 国分 剛志さんより 「やればできます。やればですよ!やらんと何もできませんよ!」

NIC18期生 国分 剛志さん(UCバークレーへ編入。福岡県・泰星高校出身)からの
メッセージ


こんにちは。NIC18期生の国分剛志です。晴れて高校二年生の時からのからの夢が叶いました。

今年の秋からUCBへ中国語と政治学部のダブルメジャーで進学することになりました。
今回UCB、UCLA,UCサンディエゴの三つに願書を出し、何とか全ての学校から合格の連絡を頂きました。
当初はUCLAに行くと決め、カリフォルニア州にあるサンタモニカカレッジに進学したのですが、記念受験のつもりのUCBから合格を頂き、嬉しいという歓喜と同時に、UCLAかUCB、どちらに進学しようかという余計な悩みも出てきました。そんな時にNICに電話をかけ、染谷さんをはじめ、目黒さんにも頭の中にあったもやもやをぶちまけました。そしていただいた言葉が「チャレンジ」でした。
UCLAに進学した方がかなり快適なのは間違いなかったのですが、「新たに新しい場所で色んな挑戦をしてやるわ」という気持ちにしていただきまたやたらと気合いが入り、UCBへの進学を決めました。

これからが本当にきつくなる時期です。そんな自分にご褒美で息抜きとして今年の夏日本に一時帰国し、ゆっくりしようと思います。

この第一ステップまでしっかりやっていけたのも、NICで培った色々なこと、NICスタッフの皆様、そしてもちろん家族のサポートあっての結果です。

これから留学をする皆様、また多少でも海外に興味のある方は、是非海外で「チャレンジ」することをお薦めします。
やればできます。やればですよ!やらんと何もできませんよ!!
  
Posted by ktukjp at 11:54

NIC第19期生 大橋 慶子さんより 「日々ベストを尽くせるよう頑張ってください。きっと後で後悔することはないでしょう! 」

NIC第19期生 大橋 慶子さん(UCバークレーへ編入、愛知県・滝高校出身)より
トップスクール編入に向けてのレポート&アドバイス


Diablo Valley college(DVC)での2年は内容が濃いのに、あっという間に過ぎて行きました。

DVCに入学した目的がUCBやUCLAのような有名大学に入るというものだったので、勉強、課外活動を一生懸命しました。
私のメジャーは理系(化学、生物、物理、微分)なので、Aを取るのはとても大変でした。何回も何回も問題を解き、完璧だと感じるまで練習しました。努力が何よりも大事ですよね。先生も努力していることが伝われば、協力してくれます。
英語力(reading, listening, speaking)も大事な要素です。lectureを完璧に理解するというのは難しいので、教科書を読んで理解する、または、友達、クラスメイトに聞くということが必要になってきます。ただ、lectureで先生がいった重要なポイントを理解するというのはテストでいい成績をとるのに必要不可欠です。
なので、総合的な英語力を伸ばせるようNICで頑張ってください。英語力は練習量次第です。NICの先生の授業にきちんと注意を払う、英語の本をできるだけ沢山読む、英語が話せる人とよくしゃべるようにする。これらをきちんとしていれば、留学して心配はありません。Aをとるのは大変かもしれませんが、不可能ではないです。

課外活動ですが、私は、DVCの学生会に入り、学生会役員に立候補し、選挙活動で数十のクラスに行ったり、DVCで数え切れないぐらいの生徒に自分に投票してくれるように頼んだりと、こちらも一生懸命頑張りました。その結果、600人もの方が自分に投票してくれ、学生会役員になることができました。Aを取ろうと勉強しながら、ここまでの活動をするのはとても大変でしたが、学生会役員になれたのは、とても貴重な体験でした。DVC生代表として、カリフォルニア州中から大学の学生代表が集まる会議に行ったり、地域(county)中のコミカレ代表が集まる会議にいったり、色々なDVC委員会に入り、各デパートメント(math、 humanity、scienceなど)のDeanに会ったりと、学生会に入っていなかったら出来ない経験をすることができました。勉強だけではなく、このような経験をするのも、留学の醍醐味だと思います。

日々ベストを尽くせるよう頑張ってください。きっと後で後悔することはないでしょう!
  
Posted by ktukjp at 11:22

June 04, 2009

NIC17期生より、近況の報告

NIC17期生 照沼 静香さん (Santa Monica College サンタモニカ・カレッジ 体育学部卒業 水戸第一高等学校出身)からメッセージが届きました。

<照沼さんのメッセージ>
サンタモニカ・カレッジを卒業後、1年間のOPT(オプショナル・プラクティカル・トレーニング)を終えて、先日、日本に帰国しました。

OPT 期間中は、SMC 在学中のボランティアをきっかけに知り合った方のもとで、
なわとび (メインはダブルダッチ〜2本のなわを使って跳ぶもの〜)の
インストラクターアシスタント、として働いていました。

幼稚園、小学校、ミドルスクール、などでのクラスが主なものでしたが、
その他に、地域のサマーキャンプや、ガールスカウトなどのプログラムに参加したり、
ときには、USA JUMP ROPE ALLSTAR の出演するワークショップのお手伝いをしたこともありました。

アメリカでの生活で学んだいろいろなことを生かしつつ、
これからも日々精進、していこうと思う、今日この頃です。
  
Posted by ktukjp at 13:40

June 03, 2009

UCSD Communication学部へ編入

NIC19期生 平田 旭さん(兵庫県立三田祥雲館高校出身)
トップスクール編入ニュース


カリフォルニア州立ディアンザ・カレッジ在学中の平田 旭さんから
UCサンディエゴ Communication学部への編入を決めたという報告が届きました。

<平田さんの近況>
学校にダンスと忙しく生きてます。

アメリカに来てからA1 crewとspaceinvaderscrewというベイエリア中心に活動しているdanceのcrewに所属して毎週末ショー、バトル、ストリートショーと充実生活を過ごしています。
最近、2つスポンサーがつきました!

サッカーチーム(アジア人留学生で構成)にも入っていてアメリカ人と戦ってます。

おかげさまで編入先も決まったし最後の学期ということで今は勉強より趣味頑張ってます。

夏休みよ、早く来い。

平田 旭

<NIC在籍時代の旭くん>
NIC_Asahi2
 NICダンスチームのメンバーと。写真中央が平田くん

NIC_Asahi
 NIC修了式フェアウエルパーティーでのパフォーマンス。写真中央が平田くん  
Posted by ktukjp at 14:11

June 02, 2009

UNR看護学部に編入

NIC19期生 井上 遥菜さん(北海道立旭川北高校出身)
トップスクール編入ニュース


TMCC(ネバダ州立トラッキーメドウズー・カレッジ)在学中の井上 遥菜さんから
UNR(ネバダ州立大学リノ校)看護学部へ編入というお知らせを頂きました。

<井上 遥菜さんの近況>
こちらはもう連日28、29度の暑さで、北海道育ちには厳しいRenoの夏到来です。
今年の夏はこの1クラスだけ履修していましたが、今週でおしまいです。
7月いっぱいはアフリカのケニアへボランティアに行ってきます!
  
Posted by ktukjp at 16:46

コロラド州立大学 Music Therapyへ編入

NIC20期生 上田 茜さん(愛知県立時習館高校出身)
4年制大学編入ニュース


カリフォルニア州立ディアブロバレー・カレッジ在学中の上田 茜さんから
コロラド州立大学、テキサス女子大学 Music Therapy専攻に合格し、
コロラド州立大学 Music Therapyへの編入を決めたという報告が届きました。


<上田 茜さんからのメッセージ>
アメリカに来て約一年。学校生活と同時進行で編入先を悩んだり、州外への編入は分からない事や調べることも多くて簡単ではなかったんですが、ずっと思い描いてきた大学のプログラムに入る事ができて本当に嬉しいです。
今はまだ、やっと一歩を踏み出したという感じですが、これからもまた新しい場所でたくさん成長しながら夢を追いかけていきたいです。  
Posted by ktukjp at 15:51

May 29, 2009

UCLA Historyへ編入

NIC19期生 森 優子さん(埼玉県立熊谷西高校出身)
トップスクール編入ニュース


カリフォルニア州立ディアブロバレー・カレッジ在学中の森 優子さんから
UCLA、UC Davis、ワシントン大学のHistory専攻に合格し、
UCLA Historyへの編入を決めたという報告が届きました。
  
Posted by ktukjp at 17:10

UCLA、USC他、著名な大学の映画学部へ合格。

NIC19期生 鈴木 一晃さん(埼玉県・立教新座高校出身)の
トップスクール編入ニュース


カリフォルニア州立サンタモニカ・カレッジ在学中の鈴木 一晃さんから
UCLA,USC(南カリフォルニア大学),UCバークレー,UCサンタバーバラ、カリフォルニア州立大学ロングビーチ校の映画学部に合格し、
UCLA映画学部への編入を決めたという連絡が届きました。

〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜

<鈴木 一晃さんからの一言メッセージ>
こんにちは。19期生でサンタモニカ・カレッジに留学中の鈴木一晃です。
お元気ですか?先日全ての編入の願書を出した学校からの結果が届きましたので
ご報告させていただきます。

まあ自分でも信じられないのですが、お陰様でアプライした全ての学校から入学許可が来ました。

UCLA、USC両方の映画学部(ともにFilm&TV Production Major)をはじめ、UC
Berkley, UC Santa Barbara, CSU LongBeachの映画学部からも合格通知を受け取りました。

僕の一番信頼しているサンタモニカ・カレッジの教授と相談し、
プログラムや学費、環境を考えた上で、UCLAの映画学部に進学することに決めました。


こうして無事編入先が決まったのも、NICでしっかり勉強したことと、
スタッフの方々の応援とサポートがあったからだと存じます。
本当に色々有り難うございました。

サンタモニカ・カレッジは今年の6月にFilm StudiesのAAを取得して卒業する予定です。

また今年の夏は幸運にも奨学金が頂けたのでサンタモニカ・カレッジの
イタリアへの短期留学プログラムに参加する予定です。

最後になりますが、21期生の渡米の時期でもあり、色々とお忙しいことと存じますが、

とうぞお身体にお気をつけてください。また、お世話になりました廣田先生をはじめ
近松さんや南保さんによろしくお伝えください。

ますますのご活躍と、NICの発展を期待しています。
それでは失礼いたします。

鈴木一晃 5/26/2009

  
Posted by ktukjp at 16:00

UCB(カリフォルニア大学バークレー校)へ編入

NIC19期生 大橋 慶子さん(愛知県・滝高校出身)の
4年制大学編入ニュース


カリフォルニア州立ディアブロバレー・カレッジ在学中の大橋 慶子さんから
UCバークレー,UCLA,UCディビス,UCサンディエゴに合格し、
UCバークレーへの編入を決めたという報告が届きました。
Majorは、Molecular Toxicology(分子毒性学)です。

<大橋慶子さんからの一言メッセージ>
今、テスト終わってのんびりしてます。
今学期もALL Aを取ることができ今は幸せに浸っています。笑


<大橋慶子さんの編入に向けてのレポート&アドバイス>
Diablo Valley college(DVC)での2年は内容が濃いのに、あっという間に過ぎて行きました。

DVCに入学した目的がUCBやUCLAのような有名大学に入るというものだったので、勉強、課外活動を一生懸命しました。
私のメジャーは理系(化学、生物、物理、微分)なので、Aを取るのはとても大変でした。何回も何回も問題を解き、完璧だと感じるまで練習しました。努力が何よりも大事ですよね。先生も努力していることが伝われば、協力してくれます。
英語力(reading, listening, speaking)も大事な要素です。lectureを完璧に理解するというのは難しいので、教科書を読んで理解する、または、友達、クラスメイトに聞くということが必要になってきます。ただ、lectureで先生がいった重要なポイントを理解するというのはテストでいい成績をとるのに必要不可欠です。
なので、総合的な英語力を伸ばせるようNICで頑張ってください。英語力は練習量次第です。NICの先生の授業にきちんと注意を払う、英語の本をできるだけ沢山読む、英語が話せる人とよくしゃべるようにする。これらをきちんとしていれば、留学して心配はありません。
Aをとるのは大変かもしれませんが、不可能ではないです。

課外活動ですが、私は、DVCの学生会に入り、学生会役員に立候補し、選挙活動で数十のクラスに行ったり、DVCで数え切れないぐらいの生徒に自分に投票してくれるように頼んだりと、こちらも一生懸命頑張りました。その結果、600人もの方が自分に投票してくれ、学生会役員になることができました。Aを取ろうと勉強しながら、ここまでの活動をするのはとても大変でしたが、学生会役員になれたのは、とても貴重な体験でした。DVC生代表として、カリフォルニア州中から大学の学生代表が集まる会議に行ったり、地域(county)中のコミカレ代表が集まる会議にいったり、色々なDVC委員会に入り、各デパートメント(math、 humanity、scienceなど)のDeanに会ったりと、学生会に入っていなかったら出来ない経験をすることができました。勉強だけではなく、このような経験をするのも、留学の醍醐味だと思います。

日々ベストを尽くせるよう頑張ってください。きっと後で後悔することはないでしょう!  
Posted by ktukjp at 11:35

California Institute of the Arts(カリフォルニア芸術大学) 映画学部へ編入

NIC20期生 天野 大地さん(東京都・東洋高校出身)
4年制大学編入ニュース


カリフォルニ州立オレンジコースト・カレッジに在学していた天野 大地さんから
9月にCalifornia Institute of the Arts(カリフォルニア芸術大学) 映画学部へ編入というお知らせを頂きました。
University of Texas at Austin, Syracuse University 映画学部も合格。

<天野 大地さんからのメッセージ>
このたびLAのCalifornia Institute of the Arts (カリフォルニア芸術大学)の映画学部に合格しました!
新しい学校でもいい映画をたくさん作りたいと思います。

<カリフォルニア芸術大学>
アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルスにある私立の芸術大学で、
Film系でTOP10に入る学校です。卒業生にはティム・バートン監督などもいます。
  
Posted by ktukjp at 11:26

May 28, 2009

UCB(カリフォルニア大学バークレー校)へ編入

NIC18期生 国分 剛志さん(福岡県・泰星高校出身)の
トップスクール編入ニュース


カリフォルニア州立サンタモニカ・カレッジ在学中の国分 剛志さんから
UCバークレー,UCLA,UCサンディエゴに合格し、
UCバークレー 中国語・政治学科への編入を決めたという報告が届きました。


<国分さんからのメッセージ>
こんにちは。NIC18期生の国分剛志です。晴れて高校二年生の時からのからの夢が叶いました。
今年の秋からUCBへ中国語と政治学部のダブルメジャーで進学することになりました。
今回UCB、UCLA,UCサンディエゴの三つに願書を出し、何とか全ての学校から合格の連絡を頂きました。当初はUCLAに行くと決め、カリフォルニア州にあるサンタモニカカレッジに進学したのですが、記念受験のつもりのUCBから合格を頂き、嬉しいという歓喜と同時に、UCLAかUCB、どちらに進学しようかという余計な悩みも出てきました。そんな時にNICに電話をかけ、染谷さんをはじめ、目黒さんにも頭の中にあったもやもやをぶちまけました。そしていただいた言葉が「チャレンジ」でした。UCLAに進学した方がかなり快適なのは間違いなかったのですが、「新たに新しい場所で色んな挑戦をしてやるわ」という気持ちにしていただきまたやたらと気合いが入り、UCBへの進学を決めました。

これからが本当にきつくなる時期です。そんな自分にご褒美で息抜きとして今年の夏日本に一時帰国し、ゆっくりしようと思います。

この第一ステップまでしっかりやっていけたのも、NICで培った色々なこと、NICスタッフの皆様、そしてもちろん家族のサポートあっての結果です。これから留学をする皆様、また多少でも海外に興味のある方は、是非海外で「チャレンジ」することをお薦めします。やればできます。やればですよ!やらんと何もできませんよ!!
  
Posted by ktukjp at 15:25

CUNY, John Jay College of Criminal Justiceへ編入

NIC19期生 田中 敏晴さん(埼玉県・川越市立川越高校国際経済科出身)
4年制大学編入ニュース


ニューヨーク州立モホークバレー・カレッジ在学中の田中 敏晴さんから
CUNY, John Jay College of Criminal Justice(ニューヨーク市立大学ジョン・ジェイ・カレッジ)Criminal Justice学部へ編入というお知らせを頂きました。

John Jay College of Criminal Justiceは、犯罪法学専門の大学です。
  
Posted by ktukjp at 14:26

May 22, 2009

14期生より出版のお知らせ

世界遺産のオフィシャル・カメラマンとしても活躍中の14期生の上田 晃司さんが
本を出版されました。

〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・
<上田さんからのメッセージ>

「ニコン デジタルメニュー100%活用ガイド」というメニューガイドの執筆に携わりました。
是非ニコンユーザー(ニコン D90/D300/D700/D3/D3Xユーザー)の方は、必見です!
ニコンの撮影メニューやカスタムメニューを網羅した、非常に内容の濃い物になっていますので、
是非参考にしてみてください。

http://www.impressjapan.jp/books/54098

NIC_Koji_Ueda写真は、アリゾナ モニュメントバレーで撮影したものです!
  
Posted by ktukjp at 17:25

May 20, 2009

1期生の金子 哲さん(株式会社エスティージー 代表取締役)から近況報告

以前、NIC同窓会のスピーカーとして日常を披露してくださった金子哲さんから
メッセージが届きました。
金子さんは、下記の2つの企業を経営されています。

1) 株式会社エスティージー (小売業)
輸入自動車販売業 
ACデルコサービスセンター (株式会社ゼネラルモーターズアジアパシフィックジャ
パン公認工場)
自動車部品の販売
www.stg-inc.jp

2) 有限会社ティートゥーディーエフ / Giovanna Wheels Japan (メーカー業・
卸販売業)
輸入ホイールメーカー (Giovanna 日本総輸入元)
www.giovannawheels.co.jp
http://t2df.jugem.jp/

6/19(金)〜21(日)東京ビックサイトで開催される
東京スペシャルインポートカーショー2009にも
両社で、別々のブースで、出展されるそうです。

車に興味ある方、インポートカーショーを訪問される方、
是非、金子さんのブースも覗いてみて下さい。

また、自動車専門誌などにも数多く取り上げられています。
http://t2df.jugem.jp/?cid=14

興味ある方がいらしたらぜひ、ご覧下さい。

〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜
<金子さんからのメッセージ>

私が仕事をしている上で、基本にしている事は、正直に人と会話をし、
相手の気持ちや立場を理解し上で、自分の立ち位置(立場や役割)を
明確にして話を進めていくようにしています。
そんな事をしていると、取引相手側に社内調整してくれる人など、
社内外に手助けしてくれる人たちが自然と現れてくるようです。
結局のところ、いつも人に助けてもらっているのですが・・・。
40歳になった今でも情熱と夢だけは持っています。

また、機会があれば学校に遊びに行きます。

金子 哲
  
Posted by ktukjp at 14:46

May 07, 2009

NIC18期生からの近況報告

NIC_TakakoSNIC18期生佐伯 孝子さん
カリフォルニア大学バークレー校(UC, Berkeley)History of Art専攻
近況報告のメッセージ

* * * * * * * * * * * * * * *

UCBに編入し2学期目になりました。
生活には慣れたものの、授業は決して楽なものではなく、まだまだ努力がたりないと実感する今日この頃です。
学生生活では、Berkeley internaitonal clubの立ち上げから運営に参加しています。
クラブの役員になることは初めての体験なので大変な事も多いですが、グループの運営の仕方や資金の集め方を学んだり、また沢山の留学生とも知りあう事ができ、とても有意義なものとなっています。
  
Posted by ktukjp at 12:48

April 24, 2009

NIC21期生 表彰者が決まりました!

NIC21期生の奨学金・成績優秀者の皆さんをご紹介します。
これから益々のご活躍を応援しています。

<奨学金>
NICでの奨学金受賞者は、成績ならびに、人物評価、担当講師からの推薦状、課外活動内容、志望理由書などを提出し、NIC奨学生選考委員会が審査して決定しています。
奨学金は、返済不要です。

<NICスカラシップ受賞者> 奨学金¥100,000NIC_NIC
(写真左より)
  小椋 美紗さん
  大井手 志保さん



<共歩会(同窓会)スカラシップ受賞者> 奨学金¥15,000NIC_Kyouhokai
同窓生の寄付から捻出されるスカラシップです。
(写真左より)
  横山 翔大さん
  岩月 香衣さん


<UNRグラントインエイド・スカラシップ受賞者> 奨学金$2,000NIC_UNR
(写真左より)
  山田 順子さん
  大橋 聖さん
  小松 真奈実さん
  穴田 由香莉さん(入学式典は、都合により欠席)

<CSUCスカラシップ受賞者> 奨学金$1,000NIC_CSUC
(写真左より)
  花元 美慧さん
  荒 香織さん



<USCスカラシップ受賞者> 奨学金$500NIC_USC
(写真左より)
  大槻 沙織さん
  水谷 彩菜さん



<SDSUスカラシップ受賞者> 奨学金$500NIC_SDSU
(写真左より)
  吉村 彩さん




<CSNスカラシップ> 奨学金$2,000NIC_CSN
(写真左より)
  新長 佳容さん
  河邊 沙樹さん
  早川 奈穂さん


<DVCスカラシップ受賞者> 奨学金$1,000/$500NIC_DVC
(写真左より)
  西 絵里奈さん ($500)
  河野 夏来さん ($500)
  筒井 大視さん ($1,000)
  駒野 真子さん ($1,000)


<Citrus Collegeスカラシップ受賞者> 奨学金$1,000NIC_Citrus
  立野 早紀さん





<Butte Collegeスカラシップ受賞者> 奨学金$500NIC_Butte
  鮫島 詩織莉さん





<Lakeland College本校スカラシップ受賞者>
一般教養科目24単位以上を取得者の内、成績により$4,000〜$7,000NIC_LCW
(写真左より)
  小原 葉月さん
  貝森 美帆さん
  東郷 宗徳さん
  上坂 明日香さん(写真掲載なし)

<UKPオナーズ・スカラシップ受賞者> 奨学金£750NIC_UK_Honor
(写真左より)
  田中 俊次さん
  小重 絵里奈さん
  河内 咲紀さん
  齊藤 成幸さん

NIC_UKPH





<UKPスカラシップ受賞者>
CATS進学者には奨学金£500、CSVPA進学者には奨学金£1,750UK(写真上段左より)
  宮原 孝明さん 喜多 智之さん 中野 透さん
  相川 知進さん
(写真下段左より)
  永松 千春さん 小重 絵里奈さん  勝又 利佳さん  
  大島 正子さん 松本 悠似さん  河内 咲紀さん
  石井 奈保子さん
(写真掲載なし)
  北村 麻衣子さん 麻生 浩貴さん 井上 慈照さん 菊池 一功さん 増島 潮さん
  松井 信之さん 宮川 彩織さん 齊藤 成幸さん 宇佐美 佳耶さん

<Taylors Collegeスカラシップ受賞者> 奨学金AU$9,950NIC_Talors
  久保園 真祐子さん






成績優秀者表彰
<The Highest Achievement> 年間成績優秀者
NIC1年を通した成績が優秀であった学生が、修了式で表彰されました。
受賞者4名の学生は、年間成績ALL Aを取得。NIC_Highest
(写真左より)
一般教養課程 大井手 志保さん
英語研修課程 久保園 真祐子さん
英語研修課程 花元 美慧さん
一般教養課程 小椋 美紗さん


<Dean's List>成績優秀者、ALL A取得者
この賞は、学期末テストでALL A(GPA 4.0)を取得した学生に与えられます。
海外の大学では、名誉賞として社会的に認知されており、編入時の審査や奨学金の申請時にも高く評価されます。
1学期 Dean's List
NIC21_Deans1山本 輝好さん  富山 沙緒里さん  立野 早紀さん
佐藤 友美さん  大井手 志保さん  大槻 沙織さん
小椋 美紗さん  西 絵里奈さん  宮本 真輔さん
久保園 真祐子さん  河野 夏来さん  河内 咲紀さん
堀米 彩那さん  花元 美慧さん


2学期 Dean's List
NIC21_Deans2<英語研修課程>
花元 美慧さん  駒野 真子さん  久保園 真祐子さん  水谷 彩菜さん
<一般教養課程>
平野 翔悟さん  河野 夏来さん  小椋 美紗さん
大井手 志保さん  筒井 大視さん

3学期 Dean's List
NIC21_Deans3<英語研修課程>
(上段左より)
高嶺 恵理子さん  齊藤 成幸さん  萩原 慎二さん
(下段左より)
大槻 沙織さん  河内 咲紀さん  花元 美慧さん
久保園 真祐子さん  水谷 彩菜さん
<一般教養課程>
石毛 愛佳さん  國本 早紀さん  大井手 志保さん  奥津 真奈美さん
筒井 大視さん
※一般教養科目は修了式後に成績発表があった為、写真はありません。
  
Posted by ktukjp at 11:30