August 24, 2009

2009年夏のレポート <社会人より> - 壮大なる自然に触れると目の前がひらける感じがしますね。

ロサンジェルスにあるLighthouse Publishingに勤務している
NIC第14期生 齊藤浩史さん(カリフォルニア州立大学サンディエゴ校卒業 マーケティング専攻、愛知県立春日井高校出身)から、この夏の休暇の様子をレポートしてもらいました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

先日久しぶりに「ロードトリップ」に出かけました。
社会人になってからと言うもの忙しく充実した日々は送らせていただいているのですが、まとまった休みが取れなかったので、独立記念日の振り替え休日を利用した3連休で何かしたいと思ったのがきっかけでした。
思い立ったのは実は3連休に入る前日。学生の頃はよくしていたロードトリップもかれこれ一年はしていないことに気付き、今まで行った州のまだ行けていない場所を周ることに決めました。

ニューメキシコ州はホワイトサンズ・ナショナル・モニュメント、UFOが落ちた街として有名なロズウェル、アリゾナ州の世界最大級のメテオクレーター、それに癒しの地、セドナの2.5日間強行スケジュールでした。
ロードトリップの醍醐味はやはりその途中過程にもあって、だんだんと移り変わる自然の様子や、街の様子、またその土地々々での食べ物や人々とのふれあいなどが一番面白かったりします。

壮大なる自然に触れると目の前がひらける感じがしますね。
みなさんにもこちらに来たら自分の「足」でアメリカを渡り歩いて、本物を「その場」で感じて欲しいです。

Let’s go on a road trip together!!

NIC Hiroshi Saito 3

NIC Hiroshi Saito 2

NIC Hiroshi Saito 1
  

Posted by ktukjp at 15:29

August 21, 2009

2009年夏のレポート <19期生より - 旅日記> - 楽しい事は是非自分自身で発見して頂きたいと思います。

NIC第19期生 井川瞬さん(ネバダ州立トラキーメドウズ・カレッジ在学中、愛媛県立川之江高校出身)より、この夏の様子のレポートを頂きました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 

こんにちは!最近暑いですね。
NICを卒業後、渡米してから早二年…
地元愛媛から上京し、思い出深いあの東京での1年間の生活が懐かしくすら感じます。
今、現役NIC生の皆さん。これから海外留学への期待を膨らませながら、受験を考えている皆さん。いかがお過ごしでしょうか?

申し遅れましたが、“過去最高に盛り上がった“と謳われる19期にNICを卒業しました、 しゅんという者です。
なぜ盛り上がったのかというと….
みんな違ってみんな良かったからでしょうか。

今回は、アメリカ生活の一部を紹介できたらと思います。

僕は、夏休みや、冬休みなどの長期休暇中に、自分の足で新たなものを発見する為の行き当たりばったりの一人旅にきまって出掛けます。
今まで、San Francisco、 Washington D.C.、etc…
時間の許す限り、アメリカ大陸の、西から東まで旅を繰り返してきました。
今回、訪れた所は、広大なミシガン湖に接する、アメリカで最も大きな都市の一つとされる、
「風の街」シカゴに訪れました。

僕の住む町、ネバダ州にあるリノから電車で荒野をひた走ること47時間。

大陸は広い…

ようやくシカゴに着いたのですが、人ごみが新宿駅よりすごかったので焦りました。

流石、アメリカ国内でも有数の大都市だけあって人口、立ち並ぶ高層ビル、たくさんの種類の商店….
それだけで無く、ミシガン湖を始めとした美しい自然の見所もあります。

日本ではなかなか見る事のできないような景色が広がっているように感じます。

ここ、アメリカならではの楽しい見所。
それは、この大陸に散らばる沢山の地域に活気があり、その地域ならではの楽しみ方があるということ。

例えば、今回の旅先、シカゴ。
ニューヨークからのブロードウェイミュージカル、世界中のアートが時に集合し、近代都市と自然を融合したかのような美しい町並み。

それだけではありません。
僕の、今滞在している小さな街、リノだってそうです。
この都会のような楽しみ方はありませんが、リノはウインタースポーツの聖地として親しまれ、近くの充実したゲレンデで、スキーや、スノーボード。
夏は、レイクタホや、すぐ近くにあるトラッキーリバーで泳いで遊べます。
アウトドアの世界的有名観光地です。

しかし、楽しい事は是非自分自身で発見して頂きたいと思います。
それが、留学の一つの楽しみでもあるんじゃないですか?

とまあ、これからまだある夏休みを楽しみたいと思います。
もし、この日記が留学を目指している皆さんにとって励みになってもらえれば幸いです。
ではでは。。

2009年夏・NIC19期生 Shun Ikawa
2009年夏・NIC19期生 Shun Ikawa by (C)NIC共歩会  
Posted by ktukjp at 16:06